足場依存性

出典: meddic

anchorage dependencyanchorage-dependent
付着依存性

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 足場依存性増殖における細胞接着斑-核シャトル複合体(Hic-5-PINCH)の機能 : サイクリンD1細胞内局在とp21Cip1発現の制御
  • 柴沼 質子,森 一憲,浜中 浩之,平尾 衣都子,野瀬 清
  • Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究 25(1), 62, 2006-03-31
  • NAID 10017439655
  • B37 インテグリン機能調節を介した足場依存性増殖・生/死の制御(第36回日本結合組織学会学術大会)
  • 齋藤 陽平,山城 舞,関 諭隆,深井 文雄
  • Connective tissue 36(2), 113, 2004-06-03
  • NAID 110004014514

関連リンク

ガン細胞と正常細胞の大きな違いの一つに「足場非依存性増殖(anchorage- independent growth) 」があります。私たち人間のほぼすべての細胞が、増殖する際に は「足場」を必要とします。足場とは、専門用語では「細胞外マトリックス」「細胞間 マトリックス」「 ...

関連画像

図1 繊維芽細胞の細胞接着部位 CytoSelect™ 96-well in vitro 腫瘍 Up-Regulation of Imp3 Confers In Vivo Download]Download] 依存性リントランスポーター 2


★リンクテーブル★
先読みanchorage-dependent
リンク元付着依存性」「anchorage dependency
関連記事依存」「足場」「依存性」「

anchorage-dependent」

  [★]

  • 足場依存性の、付着依存性の
anchorage dependency

付着依存性」

  [★]

anchorage-dependent
足場依存性

anchorage dependency」

  [★]

  • 足場依存性
anchorage-dependent

依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


足場」

  [★]

anchoragescaffoldscaffolding
骨格固定法足場材料スキャフォールド


依存性」

  [★]

dependencydependent
依存依存的依存型依存度

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡