超音波ガイド下生検

出典: meddic

ultrasonically guided biopsy
エコーガイド下生検


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Fluorine-18-Fluorodeoxy-Glucose Positron Emission Tomographyにて集積を認めず術前診断に苦慮した肝内胆管癌の1例
  • 奥田 雄紀浩,寺嶋 宏明,山田 篤史,小西 二三男,川上 義行,廣瀬 由紀,松下 利雄
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(2), 198-203, 2009-02-01
  • … ターンより肝内胆管癌・転移性肝癌・肝硬化性血管腫が鑑別診断となり,Fluorine-18-fluorodeoxy-glucose positron emission tomography (FDG-PET)ではstandardized uptake value 2.4と腫瘍へのFDG集積を認めなかった.しかしながら,超音波ガイド下生検ではadenocarcinomaと組織学的に診断され,上下部消化管検索で悪性病変を認めなかったことより,肝内胆管癌の術前診断で肝中央2区域切除術,右肝静脈合併切除,肝門部リンパ節郭清を施行した.最終病理組 …
  • NAID 110007056028
  • 肺門・縦隔病変に対する超音波気管支鏡下生検法 : コンベックス走査式超音波気管支鏡ガイド下生検の有用性について(<ミニ特集>肺門・縦隔病変の診断)
  • 安福 和弘,千代 雅子,山田 義人,岩田 剛和,黄 英哲,石川 亜紀,守屋 康充,本橋 新一郎,伊豫田 明,関根 康雄,渋谷 潔,飯笹 俊彦,藤澤 武彦
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 27(2), 114-120, 2005-03-25
  • … 身麻酔下に行う縦隔鏡検査をはじめ,経気道的アプローチとしては経気管支針生検(transbronchial needle aspiration:TBNA),ラジアル走査式細径超音波プローブガイド下生検,経食道的アプローチでは経食道内視鏡超音波ガイド下生検,経皮的アプローチとしてはCTガイド下生検がある.しかし,これら従来の検査手技には到達できない病変の存在,合併症,そして何よりも診断率に問題があり,新たな検査法が望まれていた.著者らは2002年よ …
  • NAID 110002825786
  • 超音波ガイド下生検及び体腔内超音波検査における技師の役割
  • 森田 勇一,遠田 栄一,前畑 英介
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 52(4), 310, 2003-04-25
  • NAID 10017001737

関連リンク

術式ビデオ「MicroMark ® II組織マーカー使用方法」 超音波ガイド下マンモトーム生検のコツ 手技ビデオ 癌研有明病院 画像診断部 五味 直哉先生 (マンモトーム ® EX 使用) 超音波ガイド下マンモトーム生検のコツ 手技ビデオ
乳がんかもしれないことが疑われた場合、画像診断や生検(細胞や組織の一部を採取して細胞の種類を評価すること)を行います。 今回は、超音波ガイド下マンモトーム生検を解説します。この超音波ガイド下マンモトーム ...

関連画像

超音波気管支鏡ガイド下針生検 超音波ガイド下針生検イメージ  的超音波ガイド下前立腺生検超音波ガイド下乳腺生検超音波ガイド下針生検イメージ超音波ガイド下マンモトーム


★リンクテーブル★
国試過去問100A029」「106B024
リンク元エコーガイド下生検」「ultrasonically guided biopsy
関連記事生検」「超音波」「音波」「イド

100A029」

  [★]

  • 42歳の男性。人間ドックの腹部超音波検査で肝に腫瘤性病変を指摘され来院した。身体所見に異常はなく、血液所見と血清生化学所見とに異常を認めない。腹部ダイナミックCTを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100A028]←[国試_100]→[100A030

106B024」

  [★]

  • 疾患と検査法の組合せで有用性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B023]←[国試_106]→[106B025

エコーガイド下生検」

  [★]

超音波ガイド下生検

ultrasonically guided biopsy」

  [★] 超音波ガイド下生検

生検」

  [★]

biopsy
バイオプシー診査切除術 exploratory excision試験切除術


  • 管腔臓器に対しては内視鏡を用いて鉗子で病変を採取
  • 体内臓器を穿刺する。肝、腎、前立腺

施行

条件付き

  • リンパ節腫脹:感染によるリンパ節腫脹は自然消退しうるので一ヶ月以上経過観察してから。

禁忌

  • 悪性黒色腫:転移しやすいため
  • 精巣腫瘍:血行転移のおそれ   →  ゆえに精巣腫瘍を否定できない陰嚢腫脹に対しては診断を兼ねた高位精巣摘除が標準的治療

超音波」

  [★]

ultrasound US, high frequency sound
high frequency sound
心エコーピエゾ電気効果


音波」

  [★]

acoustic wavesonic wavesound wave


イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡