超短波誘発法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鼻性病巣感染の臨床的研究
  • 志田 正夫
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 73(6), 777-799, 1970
  • … 病巣誘発法では, 超短波誘発法が適しており, その陽性判定基準は, 頬部犬歯窩部より15分間照射で15分後の体温0.3℃以上, 3時間後の白血球数2000以上, 赤沈値10mm以上の変動が妥当である. …
  • NAID 130000994494

関連リンク

昭和41年6月20日 C・ 巣治療施行対象の選定基準 本誘発法による赤沈 値並びに白血球数の2者陽性の場合を巣治療の対象とし た. しかし頭部巣にあつては,臨床的に慢性炎と診断さ れた場合には陰性或いは一方陽性例をも含め ...
小児耳V L7,No.2,1986の起炎菌であると断定するのはむつかしいのではないかと思います。質問:古賀慶次郎(国立小児病院)1)病巣感染の診断は誘発試験で行うが、明らかな結果が得られないことが多い。2)起炎菌の判断は、常在菌を除いた ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「誘発

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


誘発」

  [★]

induction
誘導




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡