超急性拒絶反応

出典: meddic

hyperacute rejection
移植免疫拒絶反応


  • 移植直後から24時間以内に起こる激しい拒絶反応。
  • 腎移植の時は、ドナーの血清とレシピエントT細胞を使って抗体抗原反応が起きないか調べる。抗原はHLA class Iである。(HIM.1777)
  • 移植腎で超急性拒絶反応が起こったときは次の病理像が見られる:neutrophils, immunoglobulin, and complement in vessel walls


  • 反応機序:液性免疫。レシピエントの抗HLA抗体の存在による
  • 治療法:臓器摘出


hyperacute rejection Antibody mediated due to the presence of preformed antidonor antibodies in the transplant recipient.

Occurs within minutes after transplantation.

acute rejection Cell mediated due to cytotoxic T lymphocytes reacting against foreign MHCs.

Occurs weeks after transplantation. Reversible with immunosuppressants such as cyclosporin and OKT3.

chronic rejection Antibody-mediated vascular damage (fibrinoid necrosis);

Occurs months to years after transplantation. Irreversible.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • DP-153-4 移植医療における超急性拒絶反応抑制の試みについて(第107回日本外科学会定期学術集会)
  • 渡邊 常太,串畑 史樹,小林 展章,Scornik Juan
  • 日本外科学会雑誌 108(臨時増刊号_2), 626, 2007-03-10
  • NAID 110006332500
  • 異種臓器移植における自然抗体を介した拒絶反応の抑制(<特集>診療・研究の最前線(III))
  • 川原 敏靖
  • 順天堂医学 50(1), 2-8, 2004-03-31
  • … ドナー不足が深刻な問題となっている現在,異種臓器移植はその問題を解決する治療法として注目されている.しかし,その激烈な異種移植臓器に対する拒絶反応の克服が最大の課題となっている.近年,超急性拒絶反応を引き起こす原因とされるGalα1,3Galα1-4GlcNAc-R(αGal)をターゲットにした抗Gal自然抗体産生B細胞を免疫寛容へ誘導した報告がなされている.われわれもαGalエピトープを発現している骨髄細胞を,発現していない …
  • NAID 110006612955
  • W-8-6 ABO血液型不適合夫婦間二次腎移植後の超急性拒絶反応に対するアフェレシス
  • 森田 研,三浦 正義,渡井 至彦,鴨田 慎二,中村 美智子,山下 孝典,佐藤 直樹,大野 重昭,野々村 克也,小柳 知彦
  • 日本アフェレシス学会雑誌 21(Supplement), 97, 2002-06-14
  • NAID 110003151629

関連リンク

免疫抑制療法と拒絶反応、感染 免疫と拒絶 免疫反応とは、私たちの体内に、細菌やウィルスなどが侵入したときに、これらを排除または無効化しようとする仕組みのことです。 人間の体は、細菌、ウイルス、真菌(カビ)、腫瘍 ...
ちょうきゅうせいきょぜつはんのう【超急性拒絶反応】とは。意味や解説、類語。肝臓・心臓・腎臓などの臓器移植後48時間以内に、血栓ができるなどして移植臓器の血管が梗塞を起こすこと。まれな拒絶反応であるが、いったん ...
臓器移植では、移植手術が完了した時点で、患者と移植医のセカンド・ステージが始まる。すなわち、移植された臓器に対する拒絶反応を防ぎ、生着させるための努力が必要とされるのである。 拒絶反応が激しければ、移植された臓器 ...

関連画像

において、超急性拒絶反応 id:bakenshikabuya:20120627073710j:image 拒絶反応


★リンクテーブル★
先読み移植免疫
国試過去問100A039」「094A080
関連記事拒絶反応」「反応」「拒絶」「急性

移植免疫」

  [★]

transplantation immunity


100A039」

  [★]

  • 41歳の男性。3週前に生体腎移植を受けた。術後経過は順調であったが2日前から軽度の発熱と移植腎部の疼痛とが出現し、尿量が減少した。意識は清明。体温37.4℃。血圧150/90mmHg。24時間尿量800ml。血清生化学所見:尿素窒素30mg/dl、クレアチニン2.1mg/dl、Na134mEq/l、K5.0mEq/l、Cl97mEq/l、胸部エックス線写真に異常を認めない。腹部超音波ドプラ検査で移植腎の腫大と腎血流の減少とを認める。腎盂腎杯の拡張像は認めない。考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100A038]←[国試_100]→[100A040

094A080」

  [★]

  • 腎移植について正しいのはどれ?

拒絶反応」

  [★]

rejectionallograft rejection, graft rejection, rejection reaction RR
拒否反応
臓器移植


YN.N-17改変

  反応時期 原因 治療
超急性拒絶反応 24時間以内 体液性 レシピエント抗HLA抗体 移植臓器の摘出 免疫抑制薬無効
急性拒絶反応 1週間後~3ヶ月後 細胞性 レシピエント抗原提示細胞によるドナー抗原提示?   免疫抑制薬有効
慢性拒絶反応 3ヶ月後~ 体液性   再移植 免疫抑制薬無効
免疫抑制薬(シクロスポリンタクロリムス6-MPアザチオプリン)


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



拒絶」

  [★]

rejectionrefusalrejectrefuse
拒絶反応拒否


急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡