赤芽球過形成

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Evans症候群を合併した抗リン脂質抗体症候群の1例
  • 平山 泰生,幸田 久平,松本 修二,中澤 修,久我 貴,高柳 典弘,江副 彩乃,信岡 純,望月 智博
  • 日本内科学会雑誌 85(4), 611-613, 1996-04-10
  • … 3回の自然流産,血栓性静脈炎の既往がある.両下肢痛により受診.正球性正色素性貧血,網状球増加,血小板数減少を認めた.骨髄では赤芽球過形成を認め,巨核球数は正常であった.直接,間接クームステストは共に陽性, PAIgG陽性であり,またIgGIgM型抗カルジオリピン抗体, lupus anticoagulantも陽性であった.下肢静脈造影では両大伏在静脈の血栓および狭窄を認めた.肺血流シンチグラフィーでは多発性の欠損を認めた.以上からEvans症 …
  • NAID 10005006408
  • B型急性肝炎の経過中に溶血性貧血の合併をみた1症例
  • 中山 幸一,北田 敏雄,内田 泰彦,竹中 国昭,坂口 正剛,奥村 恂
  • 肝臓 30(6), 673-677, 1989
  • … 断した.入院後,ベッド上安静にて経過は順調であった.HBs抗原は第27病日には陰性化し,HBs抗体は陽性化した.第37病日後,突然ヘモグロビン5.6g/dlとなり,網状赤血球の著増,LDH高値,ハプトグロビンの著減,骨髄の赤芽球過形成などからB型急性肝炎に溶血性貧血を合併したものと診断した.ステロイド投与や輸血は行わず,経過観察のみで貧血,肝障害ともに順調に改善した.B型急性肝炎に伴う溶血性貧血例は散見されるが,経過観察 …
  • NAID 130000878748

関連リンク

赤芽球の核形態を解析(その2) page1/2 1 絶対数の増加(過形成)と核の直径の不均一 2 クロマチン構造異常やHb合成の異常 3 核自体の形の異常 4 Hb合成も遅れた二重の不均衡 5 巨核球系の異常 6 好中球の核,細胞質の ...
骨髄検査では、赤芽球系細胞が過形成を示し、巨赤芽球が高率に認められます。 特殊な検査としては、ビタミンB12吸収試験(シリング試験)の異常、血清ビタミンB12の低値または血清葉酸の低値が原因に応じて認められます。 治療の ...
※画像をクリックすると大きな画像を別ウィンドウで表示します 赤沢富士男 技師(平成10年8月 呉地区血液勉強会) 巨赤芽球性貧血(megaroblastic anemia=MA)は、比較的診断しやすい貧血の中の代表格です。 但し、鑑別すべき深刻な血液 ...

関連画像

mg 染色 骨髄 は 過 形成 で 赤芽  赤芽 球 系 の バランス 巨 核赤芽球の核形態を解析(その2  mg 染色 骨髄 は 過 形成 で 赤芽


★リンクテーブル★
リンク元赤芽球系過形成
関連記事赤芽球」「形成」「過形成」「芽球

赤芽球系過形成」

  [★]

赤芽球過形成 erythroid hyperplasia

赤芽球」

  [★]

erythroblast
赤芽細胞有核赤血球 nucleated red cell nucleated erythrocyte
赤血球鉄芽球
  • 核を有する赤血球の総称。
前赤芽球好塩基性赤芽球多染性赤芽球正染性赤芽球網状赤血球赤血球


臨床関連





形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


過形成」

  [★]

hyperplasia
増殖 production
肥大増殖症増生ハイパーモルフ hypermorph



芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡