赤外線療法

出典: meddic


infrared therapy

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 赤外線療法(LED)によるスポーツ現場での臨床応用 (シンポジウム)
  • 神経・筋機能制御を目的とした物理療法と運動療法の複合効果(第47回日本理学療法学術大会 物理療法研究部会 物理療法シンポジウム1)
  • K-036 神経・筋機能制御を目的とした物理療法と運動療法の複合効果 : 脳卒中片麻痺の痙縮抑制に対する直線偏光近赤外線療法と運動療法の複合効果(専門領域研究部会 物理療法研究部会 物理療法シンポジウム1,プロフェッション!新たなるステージへ,第47回日本理学療法学術大会)

関連リンク

赤外線療法質問遠赤外線は体の深くまで浸透するでしょうか? 答え遠赤外線は体の 皮膚表面でほとんど吸収されてしまいます。 説明赤外線療法について理解するために、 まず赤外線の特徴を知りましょう。赤外線はイギリスの天文学者ハーシェルによって 発見 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みinfrared therapy
拡張検索遠赤外線療法
関連記事」「赤外線」「療法

infrared therapy」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the use of infrared radiation (as by infrared lamps or heating pads or hot water bottles) to relieve pain and increase circulation to a particular area of the body」

遠赤外線療法」

  [★]

for infrared therapy
レーザー鍼治療


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


赤外線」

  [★]

infrared radiationinfrared ray
熱線 heat ray
電磁波


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡