赤外分光分析法

出典: meddic

infrared spectroscopic analysis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

赤外分光光度計には、分散型とフーリエ変換型(FTIR)があり、横軸に波数(または波長)、縦軸に透過率(または吸光度)をプロットしたグラフを出力します。 このグラフを赤外吸収スペクトル(IRスペクトル)といいます。 IRスペクトルは ...
分析機器に関する技術の向上と分析機器産業の高度化を通じ、科学技術の発展を図り、日本経済の発展と国民の文化的生活に寄与することを目的としています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元赤外分光光度法
関連記事分析」「」「分析法

赤外分光光度法」

  [★]

infrared spectrophotometry
赤外線分光光度法
赤外分光分析法

分析」

  [★]

analysisanalysesassayanalyzeanalysedissectanalyticalanal
アッセイ解体解剖検定検定法肛門、試験法、精査測定法定量分析法分析用解析アッセイ法解析法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

分析法」

  [★]

analysisanalyses、(suf)-metry
測定法分析解析定量法解析法



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡