赤外分光分析

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • α-ピネン,リモネンによる嗅覚刺激がコンピュータ作業時の生理応答に与える影響
  • 恒次 祐子,石橋 圭太,岩永 光一
  • アロマテラピー学雑誌 14(1), 1-7, 2014-03
  • NAID 40020033671
  • 小型近赤外分光分析装置とそのキーデバイスの開発
  • 原 吉宏,原田 孝仁,金藤 靖尚 [他]
  • Konica Minolta technology report 11, 101-106, 2014-01
  • NAID 40019993890

関連リンク

物質は,原子と原子が結合した分子からなっており,その結合はそれぞれ固有の振動(伸縮振動・変角振動)をしています。分子に中赤外領域の赤外光(Infrared;IR)を照射すると,それぞれの結合の振動に等しいエネルギーの光を吸収します。
赤外分光法の原理 赤外分光法は、物質に赤外光を照射し、透過または反射した光を測定することで、試料の構造解析や定量を行う分析手法です。 「紫外可視分光光度計の基礎(1) 光の性質」で、 紫外・可視光は、物質の電子遷移に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索赤外分光分析法
関連記事分析

赤外分光分析法」

  [★]

infrared spectroscopic analysis


分析」

  [★]

analysisanalysesassayanalyzeanalysedissectanalyticalanal
アッセイ解体解剖検定検定法肛門、試験法、精査測定法定量分析法分析用解析アッセイ法解析法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡