貫通路

出典: meddic

()
perforant path

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/29 05:29:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 新規性検出機能をもつ系列学習モデルの数値実験
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 109(280), 47-52, 2009-11-05
  • NAID 110007521498
  • スパイクタイミングに依存した可塑性をもつ歯状回顆粒細胞の遠位シナプスと中位シナプスのゲート機能
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 109(269), 121-126, 2009-11-04
  • NAID 110007504860
  • 非定型抗精神病薬オランザピンとアリピプラゾールの急性投与による家兎海馬における興奮性シナプス伝達およびドーパミン,セロトニン濃度に及ぼす影響について

関連リンク

デジタル大辞泉 - 貫通路の用語解説 - 列車で、車両間を移動するために連結部分に設けた通路。 ... かんつう‐ろ〔クワンツウ‐〕【貫通路】 列車で、車両間を移動するために連結部分に設けた通路
1/3 貫通口及び貫通路の構造 第75条 旅客車には、旅客が安全かつ円滑に通行することができる貫通口及び貫通路を 設けなければならない。ただし、専ら車両一両で運転するものにあっては、この限り でない。 2 施設の状況により非常時 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みperforant path
関連記事通路」「

perforant path」

  [★]


通路」

  [★]

pathlane
方針通り道、パス、進路レーン


路」

  [★]

tract
tractus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ミタゾラム 効果 16
3pud 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 12
6多毛日本 12
7user/password 10
8cefpodoxime proxetil BCS 8
9user/register 8
10prolapse of uterus 7
11日常生活自立度 7
121,320,568,24 HTTP/1.1 7
13盲斑 6
14ルリッシュ症候群 5
15サイズの原理 筋電図 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17脳卒中リハ 阻害因子 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20Salivary glands 5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛日本 12
2cefpodoxime proxetil BCS 8
3盲斑 6
4user/password 6
5?mesterolon? Britain 4
6メトロイリーゼ 4
7?testosterone decanoate? Britain 4
8?mesterolon? Europe 4
9?mesterolon? Germany 4
10心筋の活動電位 3
11握雪音 3
12?mesterolon? Australia 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 2
14バンコマイシン レッドマン症候群 2
15?mesterolon? America 2
161回拍出量 2
17グラム陽性桿菌 2
18流動モザイクモデル 2
19アズール顆粒 2
20ウレアーゼ・インドフェノール法 2