負の調節

出典: meddic

negative regulation

和文文献

  • 7. 味覚刺激と自律神経・脳活動の関連(<総説特集>味覚(うま味)と口腔保健:より健康な生活を目指して)
  • 杉本 久美子,土橋 なつみ,泰羅 雅登,臼井 信男
  • 日本味と匂学会誌 20(2), 151-160, 2013-08
  • … 経活動においては、唾液分泌促進効果のあるうま味刺激で副交感神経活動の上昇がみられたのに対し、一様に嫌われる苦味刺激では唾液分泌促進効果が低く、交感神経活動が上昇すること、ならびに副交感神経活動と唾液分泌量との間には正の相関があることが明らかとなり、副交感神経を亢進させるうま味などは他の消化器にも促進作用を及ぼすが、交感神経を亢進させる苦味は負の調節を行う可能性が示唆された。 …
  • NAID 110009660532
  • 1-IV-6 ヒメツリガネゴケのアルドノラクトナーゼはアスコルビン酸プールサイズの負の調節因子として機能する(一般演題要旨,日本ビタミン学会第64回大会講演要旨)
  • 西川 仁,丸田 隆典,澤 嘉弘,重岡 成,石川 孝博
  • ビタミン 86(4), 247, 2012-04-25
  • NAID 110009437238
  • 血清尿酸値は血清グリコアルブミンに対する負の調節因子である[含 質疑応答] (高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム 第5回研究集会)
  • 古賀 正史,村井 潤,斎藤 博 [他]
  • メタボリックシンドローム 6(1), 2-9, 2009
  • NAID 40017263106

関連リンク

負の調節 正の調節 調節因子存在 減少 増加 調節因子なし 増加 減少 遺伝子にリプレッサーが結合している状態では転写が妨げられている。転写が開始させるためにはリプレッサーを取り除かなくてはならない。リプレッサーを ...
生命科学教育シェアリンググループは 日本生理学会のspecial interest groupです 情報シェアリングにより 生命科学を学び ... 負のフィードバックにより、「結果」は安定し、恒常性(ホメオスターシス)を保っている。 「原因」と「結果 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「調節」「

節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



負」

  [★]

negativenegatively
陰性ネガティブ否定的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡