豊田厚生病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院

url

理念

  • 私たちはたえず新しい医療のあり方を追求し、優しさと温かさを大切にして地域の人たちと共に歩みます

住所

  • 470-0396 豊田市浄水町伊保原500-1

診療の特徴、実績

  • 豊田市を中心とした、西三河北部医療圏の「市民病院的病院」の機能を担い、地域の機関病院としての役割を果たしている606床の総合病院である。平成20年1月に浄水地区へ新築移転し、「加茂病院」より改称し、「豊田厚生病院」として生まれ変わった新しい病院である。移転により向上した機能は、ヘリポートを有する救命救急センター機能、免震構造を採用した災害拠点病院機能、手術室・血管造影室の拡充、内視鏡センター、PET-CTなど設置した高度専門医療機能、地域医療支援機能などあり、緩和ケア病棟17床も有する。管理型臨床研修病院であり、各学会の教育指定病院・専門医研修施設、平成16年3月より日本病院機能評価認定病院の認定を受けている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 551.0人

一日平均外来患者数

  • 1,249.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.7日/0.0日

年間分娩件数

  • 338件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 15件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 1次から3次医療まで幅広く受入をしており、活発に救急医療に取り組んでいる。常時、内科、外科系医師、(小児科は、当番日とバックアップ日のみ)看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師が当直し、必要に応じて各科のオンコールによる応援体制をとっており、いかなる疾患に対しても対応している(ごく一部の重度熱傷のみ依頼することあり)。1年目研修医は、2年目の研修医および当直医(内科・外科系・ICU当直・小児科)の指導のもと、救急医療について研修していくことになる。近隣にもうひとつ総合病院があるため、当番日でない時には少し余裕があるのも事実である。また、救命士・救急隊との症例検討会も毎月施行し、定期的に親睦会も行い、業務が円滑に進むよう配慮している。ACLSの院内講習会も定期的に開催されている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 99.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 16.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 97人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 1年目研修医:当直1名、半直1名、2年目研修医:当直1名、半直1名、後期研修医:当直1名、内科当直医:1名、外科系当直医:1名、ICU当直:1名、小児科当直:1名(小児科輪番制当番日のみ)

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当病院理念「私たちはたえず新しい医療のあり方を追求し優しさと温かさを大切にして地域の人たちと共に歩みます」を実践できる医師をめざす方に集まっていただきたい。正確な医学的な知識と診療技術の習得はもちろん、分化した各領域の医療を統括して患者を全人的に診察できるように、また、チーム医療の必要性を充分に理解し、協調と協力の習慣を身に付けるように研修指導しています。プライマリケアの研修と充分な症例が確保され、1学年14名の研修医をきめ細やかにケアできる体制のもと、基本的な診療能力(態度、技能、知識の三拍子)を備えた医師へと育て上げることが私たちの夢です。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 皆さん、こんにちは!!豊田厚生病院での初期研修について説明します。研修での業務は大きく2つに分かれ、ひとつはローテーションしている各科の研修で、もうひとつは救急外来です。ローテーション各科では、3,4年目の後期研修医(専攻医)の先生や、5年目以降の先生が主治医として診ている患者さまの担当医として病棟業務を行います。検査、手術のある科では積極的に取り組めばどんどん手技に携わることができます。救急外来では1年次研修医、2年次研修医、専攻医、内科直、外科直、小児科直が救急車とwalk-inを対応します。1年次が判断に迷う場合は2年次に直接相談し、2年次はさらに上級医に上申するというシステムを取っています。また当院では、各科のカンファランス、研修医での勉強会を定期的に行っています。当院は2008年1月に移転しており、新しく明るいというところも魅力です。また、私が学生の時見学させていただきましたが、どの先生も熱心に指導してくださいました。上の先生、下の先生は仲が良く雰囲気が良いというところも魅力に感じました。おかげで毎日楽しく仕事に励んでいます。百聞は一見に如かず!興味を持った方は是非当院に見学に来てください!!

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/02 22:32:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP-996 進行性尿路上皮癌に対するGemcitabine-Docetaxel(GD)療法はセカンドライン化学療法として有用である(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 橋本 良博,池上 要介,神谷 浩行,岩瀬 豊
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 572, 2011-03-20
  • NAID 110008613369

関連リンク

平成20年1月、「加茂病院」から「豊田厚生病院」と名称を改め、豊田市浄水町に移転しました。豊田厚生病院は西三河北部医療圏の基幹病院、豊田市の市民病院的な役割を担い、みなさまの健康増進・病気の治療と予防に努めます。
平成20年1月、「加茂病院」から「豊田厚生病院」と名称を改め、豊田市浄水町に移転しました。豊田厚生病院は西三河北部医療圏の基幹病院、豊田市の市民病院的な役割を担い、みなさまの健康増進・病気の治療と予防に努めます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡