読んだ論文

出典: meddic

c-Jun N-terminal Kinase 2 Deficiency Protects Against Hypercholesterolemia-Induced Endothelial Dysfunction and Oxidative Stress. Elna Osto,et. al., Circulation. 2008;118:2073-2080


Selection of patients with idiopathic normal-pressure hydrocephalus for shunt placement: a single-institution experience.
  • PMID 20620399

J Urol. 2010 Aug;184(2):464-9. Epub 2010 Jun 17. Clinical outcome of primary versus secondary bladder carcinoma in situ. Chade DC, Shariat SF, Adamy A, Bochner BH, Donat SM, Herr HW, Dalbagni G. Urology Service, Department of Surgery, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, New York 10065, USA.

Abstract

PURPOSE: Differences in clinical outcome are still unclear between primary and secondary bladder carcinoma in situ. We compared the clinical outcomes of primary and secondary carcinoma in situ, and identified predictive factors.

MATERIALS AND METHODS: We retrospectively analyzed the records of 476 patients with high grade cTis, including 221 with primary and 255 with secondary carcinoma in situ, from 1990 to 2008 at a high volume cancer center after transurethral resection and intravesical bacillus Calmette-Guerin therapy. End points were time to progression to invasive disease (cT1 or higher) or radical cystectomy before progression, and progression to muscle invasive disease (cT2 or higher) or radical cystectomy before progression. We used Cox proportional hazards regression models.

RESULTS: Patients with primary carcinoma in situ responded significantly more within 6 months of bacillus Calmette-Guerin than those with secondary carcinoma in situ (65% vs 39%, p <0.001). In the primary vs secondary groups the 5-year cumulative incidence of progression to cT1 or higher was 43% (95% CI 36-51) vs 32% (95% CI 27-39) and for progression to cT2 or higher it was 17% (95% CI 12-23) vs 8% (95% CI 5-13). On multivariate analysis primary carcinoma in situ was significantly more likely to progress to cT1 or higher (HR 1.38, 95% CI 1.05-1.81, p = 0.020) and to cT2 or higher, or radical cystectomy (HR 1.72, 95% CI 1.27-2.33, p = 0.001). We found no significance for age, gender or response to bacillus Calmette-Guerin as outcome predictors. Median followup was 5.1 years.

CONCLUSIONS: Patients presenting with primary carcinoma in situ have a worse outcome than those with secondary carcinoma in situ, suggesting a need to differentiate these 2 entities in the treatment decision process. Copyright (c) 2010 American Urological Association Education and Research, Inc. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.

和文文献

  • 創造的研究のための論文分類(学習データの蓄積活用/一般)
  • 青木 政人,林 佑樹,小尻 智子 [他],渡邉 豊英
  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 111(85), 15-20, 2011-06-10
  • … いた論文整理を促すための手法を提案する.各研究者は論文に対して独自の着眼点を持つため,研究者が注目した論文の特徴によって論文を分類する必要がある.研究者が論文の特徴に対して容易に注釈付けできるために,単語で構成されるチェック表を提供する.チェック表の結果により,読んだ論文を分類本に自動的に割り当てる.分類本を見せることで,研究者がまだ注目されていない新たな研究課題を検討することを促す. …
  • NAID 110008746421
  • 電子ジャーナルとオープンアクセス環境下における日本の医学研究者の論文利用および入手行動の特徴
  • 倉田 敬子,三根 慎二,森岡 倫子 [他],酒井 由紀子,加藤 信哉,上田 修一
  • Library and information science (61), 59-90, 2009
  • … 1) フェイスシート 、2) 最近読んだ論文の形態、入手経路、検索手段、 3) 普段使う検索手段、書誌データベース、 4) オープンアクセス手段の認知度と利用。 … 1) 最近読んだ論文の7割は電子版論文であった。 … 3) 最近読んだ論文の検索手段はPubMedが一般的で、全論文の7割弱、電子版論文の8割以上がPubMedによって検索されていた。 …
  • NAID 120002317557
  • 人文地理学的写真判読について(論文・報告)
  • 馬場 由美子
  • お茶の水地理 9, 13-18, 1967-09-05
  • … ここでは,過去半年間折にふれて読んだ論文のうちから,興味深いものを項目別にいくつか紹介してみたい。 …
  • NAID 120000851263

関連リンク

最近読んだ論文 138. 空孔欠陥の導入はグラフェンを堅くする "Increasing the elastic modulus of graphene by controlled defect creation" G. Lテウpez-Polテュn et al., Nature Phys.,in press (2015). ナノテクノロジーの発展と共にナノサイズの ...
(考古学 弁当 映画)(読んだ論文 - 詳細表示 - 考古学のすきま) 記事検索 ランダム こんにちは、ゲストさん ログイン Yahoo!ブログを始める Yahoo! JAPAN 考古学のすきま 学んで時に習う、また説ばしからずや (・∀・)。 お気に入りの人 ...
2010年に論文を読んだ時の印象としては、かなりプリミティブで負荷分散とかうまくいかないだろうなあ、というかんじだった。性能もなかなかくるしそう。FTについてもあまリ考えていないのかなと。 2つめの論文は評価論文。でも ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事論文」「

論文」

  [★]

参考

[display]//
[display]//
paperarticlethesis
学位論文記事物品ペーパー

論文の読み方

  • 項目立てて
題名、論文名、研究デザイン、背景・目的、対象、介入・方法、プライマリアウトカム、結果、結論
参考1,2もわかりやすい

参考

  • 1.
[display]http://www.kamedaer.com/jounal/JclubAug20-compressionaloneCPR.pdf
  • 2.
[display]http://www.chp-kagawa.jp/docs/ebm-1.pdf


文」

  [★]

sentence
文章




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡