言語医学

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発達性読み書き障害成人例の仮名文字列音読における語彙処理と非語彙処理の発達的問題:─文字長と語彙性効果を指標にして─
  • 三盃 亜美,Coltheart Max,宇野 彰,春原 則子
  • 音声言語医学
  • 筆者らの先行研究で,仮名実在語を音読する際に発達性読み書き障害児は,語彙処理の効率性が低いために非語彙処理を行っている,そして,その非語彙処理自体も遅いということが示された.本研究では,これらの非効率的な語彙処理と遅い非語彙処理という2つの問題が発達性読み書き障害成人例にも共通して示される問題なのかどうかを検討することを目的とした.発達性読み書き障害成人7名と健常者48名に,先行研究同様に文字長と …
  • NAID 130003395573
  • 歌手の喉頭ジストニア:―歌唱者の痙攣性発声障害―
  • 小林 武夫,熊田 政信,石毛 美代子,大森 蕗恵,望月 絢子
  • 音声言語医学
  • 歌唱を職業とする者に,歌唱時においてのみ見られる痙攣性発声障害を「歌手の喉頭ジストニア(singer's laryngeal dystonia)」と名づけた.痙攣性発声障害の一亜形である.通常の会話は問題がない.本症の発症前に過剰な発声訓練を行っていない.4例は第1例(女性31歳)ソプラノ,ポピュラー,第2例(女性28歳)ロック,第3例(男性40歳)バリトン,第4例(男性46歳)バリトンで,第4例 …
  • NAID 130003395572

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事医学」「言語

医学」

  [★]

medicinemedical scienceiatrologymedicalmed
医科医学上医学的医薬医用メディカル医療用医科学


言語」

  [★]

languagespeechverbal
口演発声講演スピーチ演説





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡