触媒部位

出典: meddic

catalytic site
触媒ドメイン触媒サブユニット触媒コア触媒領域

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アノマー反転型糖質加水分解酵素の糖鎖合成酵素化に関する研究(受賞論文)
  • 本多 裕司
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 5(1), 23-30, 2015-02-20
  • … しかし,筆者はアノマー反転型酵素の触媒部位に様々な変異を導入した変異型酵素とC1炭素にフッ素を導入したフッ化糖を糖供与体として用いれば,アノマー反転型酵素でも糖鎖合成酵素として利用できることを見出した。 …
  • NAID 110009912990
  • 糸状菌由来エンドグリコシダーゼ(Endo-M)の新規なグライコシンターゼ様変異体の創製と糖鎖複合体の効率的合成への応用(応用糖質科学シンポジウム)
  • 梅川 碧里,芦田 久,Wang Lai-Xi [他],山本 憲二
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 3(2), 143-150, 2013-05-20
  • … 本研究では,Endo-Mの触媒部位周辺のアミノ酸残基に部位特異的変異導入を行い,Glycoside Hydrolase family(GH85)において完全に保存されているAsn175がオキサゾリン反応中間体形成の鍵残基であり,変異体N175Qは化学合成したオキサゾリン誘導体を基質として反応させることにより,糖転移産物が加水分解されることなく高収率で生成する"glycosynthase"様に機能することを見出した。 …
  • NAID 110009625720
  • 糸状菌由来エンドグリコシダーゼ(Endo-M)の新規なグライコシンターゼ様変異体の創製と糖鎖複合体の効率的合成への応用
  • 梅川 碧里,芦田 久,Wang L.X.,山本 憲二
  • 応用糖質科学 3(2), 143-149, 2013-05
  • … 本研究では,Endo-Mの触媒部位周辺のアミノ酸残基に部位特異的変異導入を行い,Glycoside Hydrolase family(GH85)において完全に保存されているAsn175がオキサゾリン反応中間体形成の鍵残基であり,変異体N175Qは化学合成したオキサゾリン誘導体を基質として反応させることにより,糖転移産物が加水分解されることなく高収率で生成する"glycosynthase"様に機能することを見出した。 …
  • NAID 120005581210

関連リンク

酵素の活性部位、触媒部位、基質との結合部位の違いを教えてください! 補足 解答ありがとうございます!つまり結合部位に結合したからといって、その基質の形状によっては反応しないこともあるということ ...
ショクバイブイ 【英】catalytic site 基質結合部位 substrate binding siteとともに酵素の活性中心*を形成していて,酵素の触媒 ... 記事「触媒部位」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「触媒部位 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みcatalytic site
リンク元触媒領域」「触媒サブユニット」「触媒コア」「触媒ドメイン」「基質結合部位
関連記事部位

catalytic site」

  [★]

See also Active site


触媒領域」

  [★]

catalytic domaincatalytic region
触媒ドメイン触媒部位触媒サブユニット触媒コア


触媒サブユニット」

  [★]

catalytic subunit
触媒ドメイン触媒部位触媒コア触媒領域サブユニット


触媒コア」

  [★]

catalytic core
触媒ドメイン触媒部位触媒サブユニット触媒領域


触媒ドメイン」

  [★]

catalytic domain
触媒部位触媒サブユニット触媒コア触媒領域


基質結合部位」

  [★]

substrate binding site
触媒部位


部位」

  [★]

sitelocuslocilocation
位置遺伝子座サイト座位場所




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡