解剖学的真結合線

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

①解剖学的真結合線: 岬角と恥骨結合上縁正中との距離で産科的真結合線よりも約0, 5cm長い。 ②産科的あるいは婦人科的真結合線岬角と恥骨結合との最短距離で通常 10,0~11,8cmである。 ③対角結合線岬角と恥骨結合下縁との距離で、産科的真結合 ...

関連画像

UOC(超音波産科的真結合線)の


★リンクテーブル★
国試過去問099D037
リンク元岬角
関連記事解剖学」「解剖」「結合」「」「真結合線

099D037」

  [★]

  • 骨盤の計測値で最も小さいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D036]←[国試_099]→[099D038

岬角」

  [★]

promontory
promontorium
仙骨


  • 仙骨の上端であって、かつ前方に位置する。第一仙椎の上前端部


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

  • 解剖学的真結合線、産科学的真結合線の起点となる
  • 外科的な直腸部位の一つである「直腸S状部」の定義に用いられる。すなわち直腸S状部(rectosigmoid,RS)とは岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまでである。  ←  この部位は本来S状結腸、のはず。


解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



解剖」

  [★]

dissectionanatomy
解体解剖学解離精査切開分析解剖学的形態郭清ダイセクション

解剖の種類

SUB12.33改変
  依頼 根拠法 解剖する者 目的 死体の性質 遺族の承諾
法医解剖 司法解剖 主に司法当局 刑事訴訟法 学識経験者(法医学医師) 犯罪調査 異状死体のうち犯罪死体、変死体 不要
行政解剖 監察医制度あり 死体解剖保存法 監察医 死因の確定 異状死体のうち非犯罪死体
(解剖中に司法解剖に切り替わることがある)
監察医制度なし(承諾解剖) 警察の嘱託医、法医学教室 必要
病理解剖 臨床医 病理医 内因死による死体
(異状死体であることが分かれば24時間以内に警察に通報
系統解剖 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 解剖学の教育者 教育   生前の本人の意志と家族の承諾


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン


真結合線」

  [★]

()


conjugate of pelvic inlet
true conjugate





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡