角結膜炎

出典: meddic

keratoconjunctivitis
流行性角結膜炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 流行性角結膜炎・咽頭結膜熱 (身近な感染症とその治療・対策) -- (しばしば見られる感染症)
  • ウイルス性結膜炎(流行性角結膜炎) (特集 もしかして感染?で絶対に見逃せない 熱・皮膚・訴えの観察と対応策 : 病棟対応から外来トリアージまで)
  • アレルギー性結膜疾患の自然経過 (特集 アレルギー疾患の自然経過)
  • 海老原 伸行
  • アレルギー・免疫 19(9), 1419-1423, 2012-09-00
  • NAID 40019414898

関連リンク

2月3日(日)東京大学にてWikimedia Conference Japan 2013を開催します。参加者・ スタッフ募集中! 流行性角結膜炎. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. Star of life caution.svg. ウィキペディアは医学的助言を提供しま ...
流行性角結膜炎(EKC:epidemic keratoconjunctivitis)は、主にD 群のアデノウイルス による疾患で、主として手を介した接触により感染する。以前は、本疾患患者を扱った 眼科医や医療従事者などからの感染が多く見られたが、現在では、職場、病院、家庭内 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
流行性角結膜炎の推移グラフ577 流行性角結膜炎 (続報)流行性角結膜炎流行性角結膜炎性 結膜炎 1 流行 性 角 結膜炎 流行性角結膜炎


★リンクテーブル★
先読み流行性角結膜炎
リンク元母子感染」「アトピー性皮膚炎」「二硫化炭素中毒」「新生児ヘルペス」「keratoconjunctivitis
拡張検索乾性角結膜炎」「フリクテン性角結膜炎」「ヘルペス性角結膜炎」「麻疹性角結膜炎
関連記事結膜炎」「」「結膜

流行性角結膜炎」

  [★]

epidemic keratoconjunctivitis EKC
keratoconjunctivitis epidemica
はやり目伝染性角結膜炎infectious keratoconjunctivitis
学校伝染病
  • 病原体:アデノウイルス8型、19型、37型
  • 臨床像:急性濾胞性結膜炎
  • 感染経路:接触感染
  • 疫学:春~夏
  • 潜伏期:7-14日
  • 症状:漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成
  • 身体所見:
  • 眼瞼:腫脹
  • 結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑
  • 角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁
  • リンパ節:耳前リンパ節腫脹


[show details]

流行性角結膜炎咽頭結膜熱急性出血性結膜炎の比較

  俗称 病原体 好発年齢 季節性 潜伏期 症状 感染症法 学校保健安全法 出席停止
流行性角結膜炎 EKC はやり目 アデノウイルス8型 なし 春~夏 1-2週間 漿液性の目脂、流涙、羞明。乳幼児では発熱、感冒様症状、下痢、眼瞼結膜に偽膜形成。
眼瞼:腫脹。結膜:充血、浮腫、結膜の小出血斑。角膜:(発症約10日後)点状上皮下混濁。リンパ節:耳前リンパ節腫脹
五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで
咽頭結膜熱 PCF プール熱 アデノウイルス3,4,7型 小児 夏(基本的に通年) 1週間 発熱、咽頭炎、結膜炎 五類感染症(小児科定点) 第二種 出席停止は主要症状が消退した後二日を経過するまで
急性出血性結膜炎 AHC   コクサッキーウイルスA群24型、エンテロウイルス70型 成人 なし 1-2日 結膜下出血を伴う急性濾胞性結膜炎 五類感染症(眼科定点) 第三類 医師が感染のおそれがないと認めるまで

国試


母子感染」

  [★]

mother-to-child transmission MTCT
垂直感染, vertical disease transmission, vertical transmission周産期感染症


母子感染において重要なウイルス

資料より(http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-541.pdf)

RV風疹ウイルス先天性風疹症候群
CMVサイトメガロウイルス巨細胞封入体症
HSV単純ヘルペスウイルス新生児ヘルペス
VZV水痘・帯状疱疹ウイルス先天性水痘帯状疱疹症候群
B19V:パルボウイルス非免疫性胎児水腫
HPVヒトパピローマウイルス:咽頭乳頭症

その他

HBV :B型肝炎ウイルス感染症
HCV :C型肝炎ウイルス感染症
HIV :ヒト免疫不全ウイルス感染
HTLV:ヒトT細胞白血病ウイルス感染症

TORCHS症候群

  • 古典的な母子感染
TO:トキソプラズマ
R :風疹ウイルス
C :サイトメガロウイルス
H :ヘルペスウイルス(単純ヘルペス水痘・帯状疱疹ウイルス
S :梅毒

母子感染の経路

資料2

1. 胎内感染

1. 母体が感染した場合,あるいは持続感染した微生物が再活性化した場合に,母体血を介し胎盤から臍帯を通じ児に感染
2. 胎盤に感染した微生物が増殖し児に感染
3. 子宮頸部や腟から上行性に羊膜や羊水を介し感染

2. 分娩時感染

1. 産道感染:
1. 子宮頸部,腟,外陰部などに感染している微生物が分娩時に産道内で児の粘膜などから感染
2. 産道内の母体血中の微生物が児の粘膜などから感染
2. placental leakage : B 型肝炎ウイルスやHIV の胎内感染率が切迫早産既往群に多いことから推定された.母体血の新生児血中への混入量を胎盤性アルカリフォスファターゼを指標として測定した場合,予定帝切群で0.8ml/kg(新生児体重)、経腟分娩群で1.2ml/kg と有意差があるという報告もある

3. 経母乳感染

母乳中の微生物や感染リンパ球が経口的に児に感染。
サイトメガロウイルスは経母乳感染をするが、成熟児はこの感染により自然免疫を得て,成人してから初感染することは防げる。
1,500g 未満の極低出生体重児では経母乳感染により,肝炎などを発症する可能性がある。

母子感染症

G10M.168
  胎内感染 分娩時感染 母乳時感染
経胎盤感染 上行性感染 経胎盤感染 産道感染 母乳感染
ウイルス 風疹ウイルス × × × ×
サイトメガロウイルス × ×
ヒトパルボウイルスB19 × × × ×
水痘・帯状疱疹ウイルス × × ×
単純ヘルペスウイルス × ×
B型肝炎ウイルス × ×
C型肝炎ウイルス × ×
成人T細胞白血病ウイルス1型 × × ×
ヒト免疫不全ウイルス
細菌 梅毒トレポネーマ × × ×
淋菌 × × × ×
B群連鎖球菌 × × × ×
真菌 カンジダ・アルビカンス × × × ×
原虫 トキソプラズマ × × × ×
クラミジア クラミジア・トラコマチス × × × ×
G10M.182改変
病原体 疾患 感染経路 問題となる感染時期 母体 胎児
ウイルス 風疹ウイルス 先天性風疹症候群 経胎盤感染 妊娠12週未満。18週未満は軽微 初感染妊婦  
サイトメガロウイルス 巨細胞封入体症 経胎盤感染 妊娠前半 初感染妊婦。感冒様症状 小頭症、脳内石灰化、精神遅滞、網脈絡膜炎、感音性難聴、貧血、黄疸、出血斑、低体重児、肝脾腫
ヒトパルボウイルスB19   経胎盤感染 妊娠20週未満 伝染性紅斑 非免疫性胎児水腫、胎児死亡
水痘・帯状疱疹ウイルス 先天性水痘症候群 産道感染 妊娠20週未満 初感染妊婦 精神遅滞、網脈絡膜炎、皮膚瘢痕、四肢低形成、低出生体重児
単純ヘルペスウイルス 新生児ヘルペス 産道感染   中枢神経:小頭症、眼:脈絡網膜炎角結膜炎、皮膚:水疱疹
B型肝炎ウイルス   産道感染   無症候キャリアー化
C型肝炎ウイルス   産道感染    
成人T細胞白血病ウイルス1型   母乳感染    
ヒト免疫不全ウイルス HIV感染症 産道感染 HIV感染症 HIV感染症
細菌 梅毒トレポネーマ 先天梅毒 経胎盤感染 妊娠14週以降 梅毒 水頭症、難聴、老人様顔貌、鼻炎、粘膜斑(梅毒性天疱瘡)、黄疸、貧血、点状出血、パロー仮性麻痺、肝脾腫、骨軟骨炎
晩発性梅毒ハッチンソン三徴
淋菌 淋疾 産道感染 産科合併症(流産・早産、前期破水、絨毛膜羊膜炎、子宮内膜炎) 化膿性結膜炎(膿漏眼)
B群連鎖球菌 B群連鎖球菌感染症 産道感染 常在菌 髄膜炎
真菌 カンジダ・アルビカンス   産道感染 常在菌。カンジダ膣炎 口腔内カンジダ症
原虫 トキソプラズマ 先天性トキソプラズマ症 経胎盤感染 妊娠中後期 初感染妊婦。無症状 脳室拡大、小頭症、脳内石灰化、髄膜炎、精神遅滞、脳性麻痺、けいれん、網脈絡膜炎、黄疸、発疹、貧血、リンパ節腫脹、肝脾腫、低出生体重児
クラミジア クラミジア・トラコマチス   産道感染 無症状。早産・流産 新生児結膜炎、新生児肺炎

感染時期と胎児影響

  • 妊娠初期:早産、先天性胎児奇形:風疹ウイルス、水痘ウイルス、麻疹ウイルス、HHV-6、パルボウイルスB19
  • 妊娠中期~末期:新生児ウイルス感染:単純ヘルペスウイルス、水痘ウイルス、サイトメガロウイルス、梅毒トレポネーマ(妊娠13週までは胎児感染しにくい)

資料

  • 1. 各種感染症の母子感染予防
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-416.pdf
  • 2. 母子感染の経路と主な病原微生物
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/56/5609-535.pdf


アトピー性皮膚炎」

  [★]

atopic dermatitis
dermatitis atopica
ベニエ痒疹 ベニエー痒疹汎発性神経皮膚炎 neurodermatitis diffusa
皮膚炎

概念

  • アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ(日本皮膚学会)

病因

  • アレルギー体質、小児、喘息の既往、乾燥(冬期)
参考1
  • 表皮透過性バリヤーの破綻

合併症

身体所見

検査

治療

参考

  • 1. [charged] Epidemiology, clinical manifestations, and diagnosis of atopic dermatitis (eczema) - uptodate [1]

ガイドライン

  • 1. 皮膚アレルギー(蕁麻疹):医療従事者の皆様へ:アレルギーガイドライン情報館:公益財団法人日本アレルギー協会 JAANet STATION
[display]http://www.jaanet.org/medical/guideline/skin
  • 2. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2009
  • [display]http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2009.pdf




二硫化炭素中毒」

  [★]

carbon disulfide poisoning
二硫化炭素
  • 摂取経路:経気道、経皮、経口
  • 症状
急性 局所症状 水疱性皮膚炎角結膜炎(紡績工前眼炎、酸目)
全身症状 中枢神経抑制、麻酔作用
慢性 中枢神経障害 精神症状(譫妄、躁鬱)、Parkinson症候群
末梢神経障害 多発性神経炎(脛骨神経、腓骨神経に好発)、視神経障害
続発症 若年性動脈硬化症、二硫化炭素性網膜症、糖尿病、萎縮性胃炎
  • 検査:
  • 血中・尿中・呼気中の二硫化炭素の測定。

参考

  • 1.
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/q/q646.htm
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E7%A1%AB%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0



新生児ヘルペス」

  [★]

neonatal herpes, neonatal herpes simplex
NEL. 1361,1363,1364f,1365

概念

  • 1か月以内の新生児期に発症するHSV感染

病原体

  • 2/3の症例でHSV-2が分離される

原因

  • 母体の単純ヘルペスの性器感染

感染経路

  • 経産道感染
  • 経胎盤感染

症状

診断

  • 水疱などからHSVの分離(PCR法)

治療



keratoconjunctivitis」

  [★] 角結膜炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of the cornea and conjunctiva」


乾性角結膜炎」

  [★]

keratoconjunctivitis sicca
乾燥性角結膜炎ドライアイ
涙液分泌不全
[show details]




フリクテン性角結膜炎」

  [★]

phlyctenular keratoconjunctivitis
目星星眼
角膜フリクテン結膜フリクテン


ヘルペス性角結膜炎」

  [★]

herpetic keratoconjunctivitis


麻疹性角結膜炎」

  [★]

measles keratoconjunctivitis


結膜炎」

  [★]

conjunctivitis
結膜
see. マイナーエマージェンシー第1版 p.65 SOP.174

概念

  • 結膜に起こる炎症疾患の総称。

病原体と特徴

  • ウイルス性結膜炎
  • 病原体:アデノウイルス、エンテロウイルス、単純ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、風疹ウイルス、麻疹ウイルス、EBウイルス。
  • 治療法:対症療法。単純ヘルペスに対してはアシクロビル眼軟膏。
  • 症状:透明な滲出液、耳介前リンパ節腫脹、結膜濾胞
  • 細菌性結膜炎
  • 症状:黄白色の眼脂、軽度疼痛

結膜炎をきたす疾患

SOP.175
  疾患名 病原体 潜伏期 病型 症状、経過
感染性結膜炎 流行性角結膜炎 epidemic keratoconjunctivitis はやりめ アデノウイルス8,19,37型(ときに4型) 7-14日 急性濾胞性結膜炎 眼脂、流涙、羞明。眼瞼腫瘤、結膜充血、浮腫、結膜の小出血斑。耳前リンパ節の腫脹と圧痛。2-4週間で消退。発症後10日後に角膜に点状上皮化混濁。
咽頭結膜熱 pharyngoconjunctival fever プール熱 アデノウイルス3型(ときに4,7型) 5-6日 急性結膜炎 急性結膜炎、咽頭炎、発熱。点状上皮化混濁は少ない。
急性出血性結膜炎 acute hemorrhagic conjunctivitis   エンテロウイルス70型 1日 球結膜下出血。眼球は浮腫状、結膜充血、濾胞形成は軽度。耳前リンパ節腫脹軽度。発症より3-4日にびまん性の多発性びらん。眼痛、異物感、羞明。約1週間で治癒。罹患後2,3週間後に四肢の弛緩性の運動麻痺や脳神経麻痺があり得る。  
トラコーマ trachoma          
封入体結膜炎 inclusion conjunctivitis          
新生児封入体結膜炎 neonatal inclusion conjunctivitis          
細菌性結膜炎 bacterial conjunctivitis          
淋菌性結膜炎 gonococcal conjunctivitis          
新生児膿漏眼 blennorrhea of the newborn          
アレルギー性結膜疾患 アレルギー性結膜炎 allergic conjunctivitis          
春季カタル vernal conjunctivitis          
その他の結膜炎 フリクテン性結膜炎 phlyctenular conjunctivitis 束状結膜炎        
慢性濾胞性結膜炎 chronic follicular conjunctivitis          
Stevens-Johnson症候群 Stevens-Johnson syndrome          
眼類天疱瘡 ocular pemphigoid          
結膜弛緩症 conjunctivochalasis          



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


結膜」

  [★]

conjunctiva
眼球





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
7SHEEP BLEEDING PAN mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9chilaicliti+s症候群4
10+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
11右室梗塞4
12クモ膜嚢胞4
13右PICA後閉塞 s/o4
14裂脳症close4
15虫垂いんかんさいぼうがん4
16ソーセージ様手指とは4
17CATTLE BLEEDING HOOK mail3
18user/password3
19海綿+飼育3
20Squilla mantis a species of mantis shrimp mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
2補正カルシウム+意味2
3人の交接器2
422. AL BAHR AL ARABI MARINE ENGINEERING SERVICES UAE mail2
5マイトジェン2
6膜内骨化+軟骨内骨化+違い2
7Youngmi mail2
8プトロピウム2
9有痛性けいれん2
10高リン血症 アシドーシス1
11血行動態性肺水腫1
12チフス 好酸球1
13頸椎骨軟骨症1
14呼吸筋疲労1
15永山斑1
16乳頭上膜とは+眼1
17乳頭上膜とは1
18迷走神経+徐脈1
19筋ジストロフィー+仮性肥大1
20高Na血症 低張尿1