親和定数

出典: meddic

和文文献

  • 低血糖症状を契機に発見され, 健康食品(αリポ酸)が誘因である可能性を否定できなかったインスリン自己免疫症候群の一症例
  • 小河 淳,木村 美嘉子,平松 真祐 [他],坂井 義之,渡辺 聴正,吉住 秀之
  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 50(10), 759-763, 2007-10-30
  • … mg/dlと血中IRI値の異常高値(113→39 μU/ml)を認めた.しかし高CPR血症は認めずIRI値との大きな乖離を認め,125I-インスリン結合率82%のインスリン抗体を認めた.インスリン抗体のScatchard解析ではhigh affinity siteの親和定数は0.114×108M-8, 結合能は3.94×10-8Mであった.今までインスリンの使用歴はなく,インスリン抗体の出現,Scatchard解析の結果および低血糖を生じた病歴と併せ,インスリン自己免疫症候群と診断した.ただSH基 …
  • NAID 10020092028
  • 腐植物質への金属イオン結合挙動のモデル化 : 離散的および連続的親和定数分布モデルの比較
  • 斉藤 拓巳,長崎 晋也,田中 知
  • 日本原子力学会和文論文誌 = Transactions of the Atomic Energy Society of Japan 3(2), 215-232, 2004-06-25
  • NAID 10012626942

関連リンク

栄養・生化学辞典 親和定数の用語解説 - 物質間の結合のしやすさを示す指標.二つの物質が結合した物質がもとの二つの物質に解離する場合の解離定数の逆数.
【ベストアンサー】Km値は最大反応速度の1/2の速度を与える時の基質濃度に相当します。 したがって、Km値が高いものの方が同じ最大反応速度を得ていてもより多くの基質が必要ということに ...

関連画像

Figure JPOXMLDOC01-appb-T000002ALTECH / SPR製品紹介サイト - 原理デューリングの法則 Dühring's lawカイコを用いたタンパク質受託


★リンクテーブル★
関連記事」「定数

数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


定数」

  [★]

constant
定常性一定普遍




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡