西尾市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 西尾市民病院

url

理念

  • 温かい心と確かな技術、めざそう人に優しい医療

住所

  • 445-8510 愛知県西尾市熊味町上泡原6番地

診療の特徴、実績

  • 西三河南部の中核病院として幅広いニーズに応えるべく、次のように努力しています。 1 公立病院として地域住民の医療福祉に責任を持ち、患者中心の医療を行うことにより、満足度の高い医療を実施する。 2 高度医療の充実を図るため、リニアック、CT、MRI、アンギオ等の医療機器を最新鋭のものに更新する。 3 地域医療連携室を設置し、開業医を中心とした地域医療機関及び三次医療機関と密接な連携を持ち、当地域での完結医療を目指す。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 294.0人

一日平均外来患者数

  • 1,004.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 169件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 10件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/3回

当院の救急医療の特徴

  • 地域の基幹病院として、二次救急医療を中心に行っていますが、プライマリ・ケアレベルの疾患についても原則全て対応しています。夜間・休日は、内科系・外科系の2人の主当直医を配置し、診療に際しては副直研修医のみでなく全例に上級医師も対応・指導しています。平成20年度からは、地元医師会の協力の下、勤務医の負担軽減を図って開業医からの応援も受けており、地域の医療機関相互の連携も良いと言えます。また、当直時間帯は症例が多いため、過労にも配慮し当直明け職務免除制度なども導入しています。研修医の教育という面では、原則毎月全職員・救急隊員を対象とした救急医療学習会を開くとともに、BLS/ACLSコースなども定期的に開催し、救急医療に対する知識・技術の向上に努めています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 63.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 10.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 123人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り(主当直…24,000円/回  副当直…18,000円/回(採用後半年-)、12,000円/回(-採用後半年)※主当直については、1回につき別途12,000円の診療手当を支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 1年次は内科系、外科系の主当直医のもとに副当直を実施。2年次は内科系主当直を実施。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • プライマリ・ケアに必要な基本的診察能力(態度・技術・知識)の習得に重点を置きつつ、医療に携わる者として必要な人間性の育成を目指しています。当院はいわゆる大病院にはないアットホームな雰囲気で、各科間の垣根も低いため、ローテートしている科に限らず気軽に指導医と接することができます。研修医は、院内を活性化させる重要な存在です。研修医となるみなさんの新しい視点や若い力が活用されることで新鮮な刺激を与えてくれることを期待しています。熱意とやる気を持って研修に臨む研修医を病院スタッフ全員でサポートしていきます。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 西尾市民病院は、中規模病院です。その中での研修は非常に充実しています。ありがたいことに、上級医の先生方にすぐに名前を覚えていただき、とても仕事がしやすいです。また、コメディカルとの会話もスムーズにいき、厳しい中にも楽しい雰囲気があります。この病院で2年間研修をしていけば、専門分野に行くための礎が築けると思います。救急外来では、たくさんの患者のファーストタッチをさせてもらえるので、commom diseaseは一通り診られるようになると思います。また、その時に入院になった患者の経過を追って、より高度な医療を学ぶこともできます。その時にも、主治医とのコミュニケーションがうまくいくので、気軽に経過を聞くことができます。研修医に用意されている研修医室では、比較的人数が少ないため、先輩研修医とも気軽に話が出来るだけでなく、本来、別室にデスクがある後期研修中の先輩が訪れて話をする機会も多く、和気あいあいとした雰囲気です。医療のことはもちろんのこと、私生活のことでもよく相談に乗ってもらっています。やはり、2年目の研修医や後期研修医の先輩は年齢も近く、このような研修医室の雰囲気は研修に集中するために、とても良い環境であると思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/30 21:14:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 重複肛門手術歴をもつ coccygeal pad の1症例
  • 湯田 竜司,木内 達也
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 32(5), 311-315, 2012-05-20
  • NAID 10030631356

関連リンク

外来診療を受診される方は、こちらをご覧ください。 西尾市民病院へ入院をお考えの方 はこちらをご覧ください。 患者さんを見舞いにお越しの際は、こちらをご覧ください。 医師 、正規職員、研修医及び、専修医などの募集案内です。看護師修学生の募集もこちら。
外来診療のご案内. 受付時間: 平日の午前8時30分から午前11時まで(自動再来受付 機は午前8時から) これ以外の時間帯の診察受付は、救急と紹介状持参の患者さんに 限らせていただいております。 ※時間外救急診療は、通常の診察時間帯になるまで 放置 ...

関連画像

西尾 市民 病院 20 ratings 西尾 西尾市民病院西尾市民病院公式サイト【院長 西尾市民病院公式サイト【内科


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡