褐色萎縮

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/25 03:17:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

褐色萎縮(英: brown atrophy)とはリポフスチン(消耗性色素)の沈着を伴う臓器、組織、 細胞の萎縮。消耗性疾患や慢性栄養不良を呈する動物の心臓、肝臓、腎臓、副腎など で認められる。褐色萎縮はナイル青染色、シュモール染色で青染、ズダン染色、 ...
... 性色素あるいは消耗性色素とも呼ばれる。重度の栄養不良あるいは老齢個体の肝 細胞、心筋線維、神経細胞において出現する。シュモール反応陽性であり青緑色を 呈する。萎縮した肝臓あるいは心臓にリポフスチンが認められる場合は褐色萎縮と 呼ばれる。

関連画像

多系統萎縮症 ・ Multiple system  稻熱病發生嚴重時稻株乾枯萎縮 褐色 萎縮 カテゴリ 病理学LAD褐色部分是萎縮的花瓣LAD


★リンクテーブル★
リンク元単純性萎縮
関連記事萎縮

単純性萎縮」

  [★]

simple atrophy
萎縮褐色萎縮

萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡