複合活動電位

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳神経外科手術における術中経頭蓋MEPモニタリングのアラームポイント
  • 田中 聡,川崎 嶺夫,木村 功,高梨 淳子,氏家 弘
  • 脳神経外科ジャーナル 19(1), 57-65, 2010-01-20
  • … 241回の術中経頭蓋運動誘発電位(TCMEP)モニタリングの解析から,TCMEP-筋電図導出の特異度,感度,およびアラームポイントに関して検討した.全例経頭蓋刺激の2秒後に末梢神経を最大上刺激し,複合活動電位(CMAP)を記録し,TCMEPの振幅の補正を行っている.TCMEPモニタリングは,開頭手術において有意な差をもって術後麻痺になる例を検出できることが統計学的に示された.CMAP補正を行った場合,術前にMMT2/5以下の麻痺を認めなかった2 …
  • NAID 110007505139

関連リンク

質問者さまの疑問は、恐らく、「1つの細胞が発生する活動電位」と「多数の細胞が 同時に発生してできる複合活動電位」を混乱してらっしゃるのではないかと思います。 1 つの細胞が発生する活動電位については、必ず「全か無かの法則」が ...
神経線維束である坐骨神経の電気刺激により誘発される複合活動電位を記録して、 以下の事項を観察する. 事により神経線維束での ... か無の法則」に従うが、神経線維束 で記録される複合活動電位は「全か無の法則」には従わない。細胞外. から刺激した 場合 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事活動電位」「電位」「複合」「活動

活動電位」

  [★]

action potential
スパイク電位 spike potential
静止電位膜電位心筋の活動電位





  • 興奮性細胞に特徴的
  • 脱分極が閾値(閾電位)を超えると必ずオーバーシュートが発生:全か無かの法則
  • 両側性に無減衰に伝導
  • 活動電位は、静止電位から立ち上がる一過性で、一定の振幅の脱分極である(PT.28)


電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス


活動」

  [★]

activity
活性活性度活動性活量




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡