複合レジン修復

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グラスアイオノマー型接着性複合レジン修復材の歯髄に及ぼす影響に関する実験病理学的研究(第1報)
  • 接着性複合レジン修復法(Mirage‐Bond System)に関する研究 歯髄反応および界面部微細構造について:歯髄反応および界面部微細構造について

関連リンク

⇒参考 : レジン充填修復は「技術の差」が出る治療法 (写真あり) コンポジットレジン充填の治療期間 通院1〜2回。 (その日に削って、その日に詰める。後日研磨を行う場合もある) 保険のコンポジットレジン充填の持ち 耐用年数(材料 ...
12 No.128 2009-2 128号 2009-2 東京都開業 日野浦歯科医院 歯科医師 日野浦 光 はじめに 臨床家の目からみた「G-ボンド プラス」 コンポジットレジンは、う窩治療において 歯質接着性と審美性という2つの面からみ ても革命的な修復材料 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事修復」「複合

修復」

  [★]

reparation
再生


定義

  • 損傷→修復→瘢痕形成
  • 再生との違いは結合組織により欠損を補う
  • 機能障害と組織変形をもたらす

修復の形

  • 瘢痕の形成
皮膚、腎臓、脾臓
  • 線維化
慢性炎症が起こった組織に起こる
結合組織が実質細胞の間に入り込む


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡