補瀉

出典: meddic

和文文献

  • 補瀉
  • 新解『杉山流三部書』講 : 脈・腹証と補瀉論(44)療治之大概集 巻の上(第20回)病証編類別3 : 痛みの処法(頭痛)
  • 医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 76(6), 120-127, 2017-06
  • NAID 40021231625

関連リンク

「補」と「瀉(しゃ)」は漢方薬の作用を語るうえで基本となる概念です。 ... 漢方では「証」を見極めるとともに「補」と「瀉(しゃ)」という考えが根本にあります。 「補法」とは足りないものを身体に補うことで、一方、「瀉法 ...
基本用語〔4 〕 補 寫 (ほしゃ) 1.はじめに 補瀉法には手法の補瀉と選穴の補瀉の二つがある。手法の補瀉とは、刺鍼テクニックによって補瀉の目的を達成する方法であり、選穴の補瀉とは経穴の特性等に基ずいたツボの運用によって補 ...

関連画像

甘草】(有補有瀉能表能裏可 玄參 】 (補水、瀉無根之火  の 満ち欠け と 鍼灸 の 補 瀉打鍼にも 補瀉 があります。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡