表皮形成促進

出典: meddic

和文文献

  • ヒト塩基性繊維芽細胞増殖因子で治療した低位前方切除術後難治性ろう孔の1例
  • 伊神 剛,長谷川 洋,坂本 英至,小松 俊一郎,森 俊治
  • 日本臨床外科学会雑誌 65(11), 2987-2990, 2004
  • … レー)は,ヒト遺伝子組換え体で産生されるヒト塩基性繊維芽細胞増殖因子(basic fibroblast growth factor: bFGF)を主成分とし,血管内皮細胞,繊維芽細胞膜などに存在するFGF受容体に特異的に結合し,血管新生作用,肉芽形成促進作用,表皮形成促進作用を促す,世界初のサイトカイン外用治療剤である.症例は62歳の男性で,直腸癌に対し,腹腔鏡補助下低位前方切除術を施行した.術後縫合不全から,約3カ月間におよぶ難治性瘻孔となった. …
  • NAID 130003603881
  • 塩基性線維芽細胞増殖因子を用いた肛門部術後創(特に難治創)の治療
  • 加川 隆三郎,坂田 晋吾,多田 正晴,関岡 敏夫
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 56(6), 289-293, 2003-06-01
  • … この薬剤は, 血管内皮細胞, 線維芽細胞膜等上に存在するFGF受容体に特異的に結合, 直接的に血管新生作用, 肉芽形成促進作用, 表皮形成促進作用を発現させる. …
  • NAID 10011240150

関連リンク

分類 商品名 特徴 抗菌剤 ゲーベンクリーム ユーパスタ、ソアナース、イワデクト カデックス、デクラート 細胞障害による抗菌作用 殺菌、滲出液吸収、肉芽形成促進作用 殺菌、滲出液吸収 抗生物質 フランセチンTパウダー 粉末製剤 ...
ここが変だよ!床ずれの常識 Q17: ラップ療法は,肉芽の上がりは速いが,表皮化が遅い. A17: ラップ療法は,表皮形成に理想的な治療法です. 最後の詰めが弱い―これがラップ療法の限界なので,適当な時期に早めにハイドロコロイド ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事表皮」「促進」「形成

表皮」

  [★]

epidermis (M)
皮膚の構造皮膚真皮


発生

組織学 (NDE)

国試

  • 106B028:手掌・足底は1mm、その他は0.2mm。ちなみに、コンドームの厚みは0.02mmらしい。


促進」

  [★]

facilitationpromotionaccelerationfacilitatepromoteacceleratehastenexpeditefurther
急ぐ加速亢進昇位促通さらに加速度速めるそれ以上昇進


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡