表皮剥脱素

出典: meddic

exfoliative toxin, ET, exfoliatin
エクスホリアチン伝染性膿痂疹


和文文献

  • 表皮剥脱素産生メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による新生児剥脱性皮膚炎の流行について
  • 早川 孝裕,楠 隆,林寺 忠,香川 昌平,古庄 巻史
  • 日本小児科学会雑誌 101(10), 1475-1480, 1997-10-01
  • NAID 10005654160
  • 免疫応答性よりみたブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群の病態解析
  • 皮膚器官培養を用いた黄色ブドウ球菌性表皮剥脱素Aの研究
  • 山田 琢
  • 岡山医学会雑誌 105(5-6), 543-558, 1993
  • We reproduced an in vitro model of staphylococcal scalded skin syndrome or bullous impetigo in human skin explants in culture, using partially purified staphylococcal exfoliative toxin A (ETA). ETA af …
  • NAID 120002308326

関連リンク

圧痕、表皮剥脱、皮内出血、皮下出血、挫創、裂創、 デコルマン; 内部損傷. 骨折、脱臼 、 ... こういう「表皮剥脱」だが, 創傷被覆材での治療が極めて有効であり,あっけない ほど簡単に治ってしまう。 この タイプの ... 拡張検索, 「表皮剥脱毒素」「表皮剥脱素」.
206. 皮膚剥脱素ET-B産. 生メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 による. 熱傷様皮膚症候群 の1例. 横浜市立大学医学部小児科,*横浜市衛生研究所細菌課. 横 田 俊平. 今川. 智之. 片倉. 茂樹. 満 田 年宏. 荒井. 一二*. (平成7年10月26日. 受 付). (平成7年12月 11日.

関連画像

エキサイトブログ (blog)|無料で 李雄艳主任谈面部综合年轻化第 、磨削术、烧灼、冷冻、剥脱  様皮膚症候群 は表皮剥脱素が凄惨恐怖的火红婴儿表皮剥脱怪 経路が違います。(第101回医師


★リンクテーブル★
先読みET」「伝染性膿痂疹
関連記事表皮」「表皮剥脱」「剥脱

ET」

  [★]


伝染性膿痂疹」

  [★]

impetigo + contagion
impetigo contagiosa
とびひ

分類



表皮」

  [★]

epidermis (M)
皮膚の構造皮膚真皮


発生

組織学 (NDE)

国試

  • 106B028:手掌・足底は1mm、その他は0.2mm。ちなみに、コンドームの厚みは0.02mmらしい。


表皮剥脱」

  [★]

abrasion, excoriation
abrasio
擦過傷 scratch, graze, friction mark
  • 鈍体による創傷。生活反応 (法医学的には表皮剥離は表皮が剥がれた状態を示す)
  • 鈍体が皮膚を擦過・打撲・圧迫することによって表皮剥離し、真皮を露出した状態(SLE.108)


剥脱」

  [★]

exfoliationexcoriationdeprivation
欠乏欠乏症擦過傷脱皮剥離落屑




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡