術後疼痛

出典: meddic

postoperative pain




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 側彎症手術術後疼痛管理におけるデクスメデトミジン併用の有用性
  • 山崎 花衣,金田 徹,鈴木 利保
  • 麻酔 63(7), 783-788, 2014-07
  • NAID 40020146583
  • Raczカテーテル硬膜外神経根形成術機器 (特集 最近話題の疼痛に関する診断機器と治療機器2014)
  • 脊椎手術後の疼痛に対する疼痛治療薬についての検討 (第26回日本臨床整形外科学会学術集会)
  • 串田 剛俊,池浦 淳,岩宮 裕章 [他]
  • 日本臨床整形外科学会雑誌 39(1), 29-37, 2014-05
  • NAID 40020200116

関連リンク

術後には様々な痛みが出現する。 「痛くなく、副作用もなく、円滑に離床できる」ような 鎮痛は理想かもしれない。 しかし、術後に生じる安静時痛と体動痛の両方をおさえるに は、多量の鎮痛薬が必要とされる。 またそのような場合には、痛みはないが、副作用の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索術後疼痛管理
関連記事疼痛」「術後」「

術後疼痛管理」

  [★]

postoperative pain control


疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




術後」

  [★]

postoperativepostprocedure
手術後


痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡