血腫除去術

出典: meddic

removal of hematoma

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 被殻出血における機能予後改善を目指す内視鏡下血腫除去術(<特集>神経内視鏡の進歩)
  • 山本 拓史,江崎 孝徳,中尾 保秋,森 健太郎
  • 脳神経外科ジャーナル 20(10), 734-740, 2011-10-20
  • … 科的治療の有効性を示すエビデンスは,いまだ確立されていない.STICH studyなど,血腫除去術に対して否定的な意見がある一方で,定位手術,内視鏡手術などの低侵襲手術による有効性も報告されている.今回,自験例をまとめ,内視鏡血腫除去術における手術適応について文献学的考察を加え検討した.血腫除去術による予後改善効果を得るためには,GCS:9〜12点,血腫量30〜60ml程度の中等症が …
  • NAID 110008750597
  • 原発性肺癌術後に顕在化し, 出血のコントロールとそれに続く膿胸の治療に難渋した後天性血友病Aの1例
  • 福本 紘一,川口 晃司,岡川 武日児,岡阪 敏樹,宇佐美 範恭,横井 香平
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(6), 683-686, 2011-09-15
  • … 症例は72歳,男性.2010年3月に肺癌に対して右肺上葉切除術+縦隔リンパ節郭清を施行し,pT2aN1M0,stage II Aの腺癌であった.術後第3病日と第13病日に右胸腔内出血をきたし,2度の開胸血腫除去術を施行した.精査にて第VIII凝固因子活性の低下を認め,また第VIII凝固因子に対するインヒビターが検出され出血の原因は後天性血友病Aと診断された.さらに無瘻性膿胸・敗血症をきたしたが,開窓術と慎重な全身管理により …
  • NAID 10029458804

関連リンク

さて、手術により脳内の血腫を取り除こうとする場合、その方法は大きく分けて2つ あります。その一つが、開頭による血腫除去術です(もう一つの方法については定位的 血腫除去術を参照してください)。この手術は血腫が非常に大きく患者さんの意識状態が かなり ...
さて、手術により脳内の血腫を取り除こうとする場合、その方法は大きく分けて2つ あります。その一つが、皮膚を大きく切開し、直下の頭蓋骨を広範囲に除去した後に、脳 の中の血腫を顕微鏡下に取り除く開頭血腫除去術と呼ばれる方法です。この手術は 血腫が ...

関連画像

 定位 的 脳 内 血腫 除去 術外傷性頭蓋内血腫除去術血腫 除去 術トップ に 戻る内視鏡 下 腫瘍 摘出 術 CT定位的血腫除去術


★リンクテーブル★
国試過去問099G042」「080B056
関連記事血腫」「

099G042」

  [★]

  • 55歳の男性。歩道を歩行中に突然右上下肢に脱力が生じ、思うように言葉がしゃべれなくなったため、救急車で搬送された。10年前から会社の健診で高血圧症、高脂血症および心房細動を指摘されていたが、特に薬物治療を受けていなかった。来院時の意識はJCSでII-10。身長160cm、体重76kg。体温36.8℃、呼吸数18/分。脈拍96/分不整。血圧180/100mmHg。皮膚色は正常。貧血と黄疸とはない。胸部でラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・肺を触知しない。下肢に浮腫を認めない。右片麻痺と失語とを認める。頭部単純CTで左被殻部に径2cmの高吸収域を認めたため、緊急入院した。血液所見:赤血球460万、Hb120g/dl、白血球6,200、血小板23万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン4.4g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール290mg/dl、トリグリセライド180mg/dl、AST26単位、ALT20単位、Na139mEq/l、K4.1mEq/l。入院から3日間、絶食と安静とを保ち経過を観察した。意識は清明になった。右片麻痺と失語症との程度は入院時に比べて変化していない。第2,3病日の血圧は130~140/80~90mmHgで推移している。この時点での治療として最も適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099G041]←[国試_099]→[099G043

080B056」

  [★]

  • 血腫除去術の効果が期待できるのはどれ?2つ。

血腫」

  [★]

hematoma
haematoma
血瘤


MRI

参考1
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

参考

  • 1. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡