血管雑音

出典: meddic

vascular murmur vascular bruit
ブリュイ
[[]]




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 背部血管雑音を契機に発見された単純型大動脈縮窄症の成人例
  • 福西 雅俊,後藤 浩実,佐藤 麻美,田村 悦哉,高野 良二,縣 潤
  • Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学 35(4), 437-441, 2008-07-15
  • NAID 10024927741
  • 182) 高血圧と血管雑音で発見された無症候性成人大動脈縮窄症の一例(第104回日本循環器学会近畿地方会)
  • 西山 亜沙子,小出 正洋,榎本 聖子,星野 温,畔柳 彰,西澤 信也,中村 猛,塘 義明,松室 明義,沢田 尚久,松原 弘明
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(Supplement_II), 1003, 2008-04-20
  • NAID 110006914768

関連リンク

7. 血管雑音、心雑音. 動脈狭窄による血管雑音が頸部、鎖骨上窩、肩甲骨間背部、腹部 (臍部周辺)などで聞かれる。収縮期雑音である。大動脈起始部拡張による大動脈弁閉鎖 不全では拡張期雑音が聴取される。 ...

関連画像

小脳症状で発症した40代男性の 発熱、血管痛、易疲労感医師国家試験対策wiki 肺動静脈 多系統萎縮症(multiple system atrophy  川 均(心臓血管外科専門医体重減少 (食事摂取に恐怖感


★リンクテーブル★
国試過去問108G061」「103H035」「107F028」「098F014」「108E058」「106C010
リンク元bruit
拡張検索腹部血管雑音
関連記事血管」「雑音」「

108G061」

  [★]

  • 次の文を読み、 61~ 63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。発熱食欲不振とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 3週前から微熱と右季肋部の違和感を自覚していた。 2日前から食欲もなくなってきた。 15年前に乳癌で右乳房切除術を受けており、再発が心配で精密検査を希望して受診した。
  • 既往歴: 53歳時に乳癌で右乳房切除術。 60歳時に胆石症で開腹胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:姉が乳癌。
  • 現症:意識は清明。身長 150 cm、体重 49 kg。体温 37.6℃。脈拍 88/分、整。血圧 130/84 mmHg。呼吸数 16/分。頸部リンパ節を触知しない。右前胸部と右上腹部とに手術痕を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 423万、 Hb 11.9 g/dl、Ht 40%、白血球 9,600、血小板 21万。血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン0.9 mg/dl、AST 31 IU/l、ALT 36 IU/l、LD 230 IU/l(基準 176~353)、 ALP 372 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 28 IU/l(基準 8~50)、アミラーゼ 95 IU/l(基準 37~160)、 CK 42 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 246 mg/dl、トリグリセリド 190 mg/dl、Na 131 mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 97 mEq/l、CEA 2.2 ng/ml(基準 5以下 )、 CA15-3 15 U/ml(基準 30以下 )。 CRP 10 mg/dl。腹部超音波検査で肝に占拠性病変を認めたため胸腹部 CTを施行した。腹部単純 CT(別冊 No.8A)と腹部造影 CT(別冊 No.8B)とを別に示す。
  • この患者の右胸腹部の診察所見として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G060]←[国試_108]→[108G062

103H035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。黒色便を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 以前からC型肝炎ウイルス抗体が陽性であることを指摘されていたが放置していた。最近、飲酒量が増加した。昨日から全身倦怠感があり、タール状の黒色便を排泄した。
  • 既往歴 : 28歳時、交通事故で輸血を受けた。
  • 現症 : 意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.0℃。脈拍96/分、整。血圧 112/70mmHg。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球325万、Hb 9.4g/dl、Ht 32%、白血球8,200、血小板 6.3万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、総コレステロール 196mg/dl、総ビリルビン 1.8mg/dl、AST 66IU/l、ALT 48IU/l、LD 496IU/l(基準176~353)、ALP 252IU/l(基準115~359)。CRP 0.3mg/dl。食道内視鏡写真を以下に示す。
  • 認められるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103H034]←[国試_103]→[103H036

107F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 19歳の男性。左胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨日の夕方、散歩中に左胸の痛みに気付いた。深呼吸をするとさらに息が苦しくなる感じがした。自宅で様子をみていたが改善しないため、本日朝、徒歩で来院した。胸痛は我慢できないほどではない。
  • 既往歴:12歳時に虫垂切除術
  • 家族歴:祖父が肺癌のため72歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長176cm、体重58kg。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧124/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97%(room air)。体位による痛みの変化を認めない。橈骨動脈の触知は良好で左右差を認めない。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿浮腫を認めない。
  • この患者の身体所見で最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F027]←[国試_107]→[107F029

098F014」

  [★]

  • 28歳の女性。腹痛を訴えて来院した。
  • 2日前から心窩部に重苦しい痛みが出現し、嘔気があった。体温は37.4℃であった。
  • 今朝から痛みは右下腹部に移動し、我慢できないほど強くなった。階段を降りるときには、右下腹部に痛みが響く。下痢はなく、2日前に排便があった。月経は1週前に終わっている。24歳時に帝王切開で出産した。
  • 意識は清明。体温37.8℃。脈拍104/分、整。血圧136/86mmHg。血液所見:赤血球390万、Hb11.9g/dl、Ht35%、白血球18,000。
  • この患者で可能性が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F013]←[国試_098]→[098F015

108E058」

  [★]

  • 72歳の男性。繰り返す右上下肢の脱力発作を主訴に来院した。糖尿病高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。神系学的診察で異常を認めない。左頸部で血管雑音を聴取する。頭部 MRIで明らかな脳梗塞を認めない。左総頸動脈造影像 (別冊 No. 13)を別に示す。
  • 治療法で適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E057]←[国試_108]→[108E059

106C010」

  [★]

  • 腹部診察所見と病態・疾患の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C009]←[国試_106]→[106C011

bruit」

  [★]

  • n.
  • (心臓や血管由来の異常音)雑音
murmur, noise
see 血管雑音

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《うわさなど》'を'言いふらす」

腹部血管雑音」

  [★]

abdominal bruit
腹部ブルイ


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



雑音」

  [★]

noise
ノイズ心雑音部分音



音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡