血管芽腫

出典: meddic

hem angi blast oma
hemangioblastoma, angioblastoma
血管細胞芽腫

概念

  • 血管に富んだ良性腫瘍で、とくに小脳に発生する。脳幹や脊髄にも発生し、しばしば多発性。

疫学

SCN.197
  • 脳原発性腫瘍の1.7%。小脳に発生する腫瘍の29%を占める。
  • 孤発例(57%)、von Hippel-Lindau病に合併する例(43%)
  • 成人に多く、34-45歳がピーク
  • 男性にやや多い

症状

  • 緩徐進行。頭蓋内圧亢進による頭痛で発症することが多い。うっ血乳頭、小脳運動失調症、眼振など。(SCN.197)

合併症

検査

SCN.197
  • CT
  • 単純CT:低吸収の嚢胞と等吸収の壁在結節。
  • 造影CT:壁在結節に造影効果あり
  • MRI
  • T1:(腫瘍)等吸収~高吸収、(嚢胞)低信号
  • T2:(腫瘍)高信号      、(嚢胞)高信号
  • Gd-DTPA:均一著明な造影効果
  • 血管造影:
  • 太い腫瘍血管動脈と著しい腫瘍濃染像(SCN.197)
[show details]

診断

治療

  • 開頭術による腫瘍摘出術。残存もしくは手術不能例で放射線療法を行う。(SCN.197)

予後

  • 病理的に良性腫瘍。予後は良好であるが多発することがある。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小脳血管芽腫の2摘出例 アプローチの検討
  • 塚田 晃裕,岡野 美津子,塚原 隆司
  • The Kitakanto medical journal 61(4), 558-558, 2011-11-01
  • NAID 120003824714
  • 血管芽腫摘出術と褐色細胞腫摘出術を緊急で行った von Hippel-Lindau 病の麻酔経験
  • 福田 浩平,堤 保夫,曽我 朋宏,木下 倫子,田中 克哉,大下 修造
  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 31(5), 884-887, 2011-09-15
  • NAID 10029770265
  • 第四脳室と橋・延髄の解剖と外科治療(<特集>脳室・脳幹病変の外科治療)
  • 斉藤 延人,金 太一
  • 脳神経外科ジャーナル 20(6), 438-445, 2011-06-20
  • … 第四脳室と橋・延髄下半分の病変には,髄芽腫,脳室上衣腫,星細胞腫,脈絡叢乳頭腫,脳幹海綿状血管腫,血管芽腫,外向発育性グリオーマなどがある.第四脳室を露出するには小脳延髄裂アプローチが有用である.小脳扁桃の裏で延髄に付着している脈絡膜と脈絡紐を切開して小脳扁桃を牽引する方法である.脳幹内部へは,病変が最も表面に近い部分から進入するのが基本である.第四脳室底には正中溝,閂,第四脳室線条,外側陥凹 …
  • NAID 110008662231

関連リンク

血管芽腫 - 様々な脳腫瘍や脳神経の病気について説明しています。さわむら脳神経 クリニックで診療しています。Eメールによる相談や手術治療も受け付けています。
血管芽腫は従来血管内皮細胞由来の腫瘍とされてきたが,種々の検討によりかえって その由来が特定できなくなり,現在のところ起源不明とされている.孤発例とvon Hippel -Lindau病に合併する場合とがある.孤発例のほうが多く,家族発生は20~25%である ...

関連画像

ものすごく難しい血管芽腫小脳血管芽腫血管芽腫血管芽腫血管芽腫小脳血管芽腫:MRI造影T1 真偽 の ほど は 解りません が


★リンクテーブル★
先読みblast」「hem」「angi
国試過去問105A032」「097H059」「099E051」「074B053」「080C013
リンク元脳腫瘍」「フォン・ヒッペル・リンドウ病」「異所性エリスロポエチン産生腫瘍」「血管細胞芽腫」「hemangioblastoma
関連記事血管」「」「芽腫

blast」

  [★]

-blast、blast cellblasticgemmule

WordNet   license wordnet

「shatter as if by explosion」
knock down

WordNet   license wordnet

「shrivel or wither or mature imperfectly」

WordNet   license wordnet

「make with or as if with an explosion; "blast a tunnel through the Alps"」

WordNet   license wordnet

「a very long fly ball」

WordNet   license wordnet

「an explosion (as of dynamite)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》 / 〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き / 〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》 / 〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》 / 〈C〉(1回分の)発破,爆薬 / 〈C〉〈U〉爆風 / …'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く) / 《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯 / 〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす / …'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》 / …'を'のろう(damn)」

WordNet   license wordnet

「make a strident sound; "She tended to blast when speaking into a microphone"」
blare

WordNet   license wordnet

「create by using explosives; "blast a passage through the mountain"」
shell

WordNet   license wordnet

「use explosives on; "The enemy has been shelling us all day"」
shell

WordNet   license wordnet

「fire a shot; "the gunman blasted away"」
shoot

WordNet   license wordnet

「apply a draft or strong wind to to; "the air conditioning was blasting cold air at us"」


hem」

  [★] ヘム

WordNet   license wordnet

「utter `hem'' or `ahem''」

WordNet   license wordnet

「the edge of a piece of cloth; especially the finished edge that has been doubled under and stitched down; "the hem of her dress was stained"; "let down the hem"; "he stitched weights into the curtain''s hem"; "it seeped along the hem of his jacket"」

WordNet   license wordnet

「the utterance of a sound similar to clearing the throat; intended to get attention, express hesitancy, fill a pause, hide embarrassment, warn a friend, etc.」
ahem

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(折り返して縫った衣類や布の)へり,縁 / (一般に)へり,縁 / 〈布・着物〉‘の'へりを折り返して縫う;…‘の'縁どりをする」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「へん!えへん!(注意・疑い・ちゅうちょ・当惑などを表するための発声) / へん(えへん)と言う,せき払いをする」

WordNet   license wordnet

「fold over and sew together to provide with a hem; "hem my skirt"」

angi」

  [★]

  • comb form.
  • 血管、リンパ管、血管腫、果皮


105A032」

  [★]

  • 40歳の女性。頭痛と左眼痛とを主訴に来院した。 3週前から複視があった。視力は右1.0(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。左眼の結膜浮腫、上強膜静脈の怒張および拍動性眼球突出を認める。左眼の内転障害と上下転障害とを認める。左眼膚外側縁で血管性雑音を聴取する。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A031]←[国試_105]→[105A033

097H059」

  [★]

  • 腫瘍とその随伴症候の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H058]←[国試_097]→[097H060

099E051」

  [★]

  • 小児に好発する脳腫瘍はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099E050]←[国試_099]→[099E052

074B053」

  [★]

  • 脳腫瘍の好発部位に関して適切な組み合わせ?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

080C013」

  [★]

  • 適切でない組み合わせ

脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



フォン・ヒッペル・リンドウ病」

  [★]

von Hippel-Lindau disease VHL disease, VHL
フォンヒッペル・リンダウ病 VHL病リンダウ病ヒッペル病フォン・ヒッペル・リンダウン病、フォン・ヒッペル-リンダウ病
網膜血管腫症 retinal angiomatosis
血管芽腫神経皮膚症候群フォン・ヒッペル病(網膜の血管腫のみの場合(SOP.144))
[show details]


概念

  • 癌抑制遺伝子であるVHL遺伝子の変異による常染色体優性遺伝疾患で、中枢神経系の血管芽腫網膜血管芽腫腎細胞癌副腎腫瘍などを発症する疾患である。
頭部の血管芽腫と腎・副腎腫瘍と覚えておこう

病因

  • 3p25のVHL遺伝子:癌抑制遺伝子の変異が関与
  • 11q13にもマッピングされている。

疫学

  • 思春期以降で30歳代の男性に多発。

遺伝形式

病態

  • 多くの臓器に腫瘍や嚢胞を形成(腎(40%に腎細胞癌。腎嚢胞)、中枢神経系の血管芽腫、網膜血管腫、膵腫瘍(膵嚢胞)、肝、副腎(褐色細胞腫)など)
  • 眼 :毛細血管レベルで血管腫が発生し、グリアの増殖を伴ってオレンジ色の結節を形成する。血管腫を介したシャントが形成されるために動脈・静脈が拡張蛇行する。進行すれば血管腫から血漿が漏出して漿液性網膜剥離をきたす。また硬性白斑がみられる。

症状

  • 眼 :(網膜剥離が起これば)視野障害・視力障害
  • 神経:(小脳の血管芽腫により)小脳失調。てんかん(SOP.144)。
  • 皮膚:(低頻度)血管腫、カフェオレ斑

合併症

検査

  • 頭部MRI
  • 造影:小脳の血管芽腫は濃染される。嚢胞を伴う場合は均一な低信号領域が認められる。
[show details]

国試

参考

  • 1. [charged] フォンヒッペル・リンダウ病の臨床的特徴、診断、および管理 - uptodate [1]
  • 2. [charged] フォンヒッペル・リンダウ病の分子生物学および病因 - uptodate [2]
  • 3. VON HIPPEL-LINDAU SYNDROME - OMIM
[display]http://omim.org/entry/193300

メモ

  • 混乱していたので、


異所性エリスロポエチン産生腫瘍」

  [★]

ectopic erythropoietin-producing tumor


血管細胞芽腫」

  [★]

hemangioblastoma
血管芽腫

hemangioblastoma」

  [★] 血管芽腫

血管芽腫


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


芽腫」

  [★]

blastoma
芽細胞腫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡