血管収縮神経

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒト皮膚交感神経中の血管収縮神経活動の賦活と抑制が核心温変化に及ぼす影響
  • 岩瀬 敏,澤崎 直規,道上 大策,崔 建,神谷 厚範,新美 由紀,間野 忠明
  • 自律神経 = The Autonomic nervous system 38(1), 7-10, 2001-02-15
  • NAID 10007845779
  • 各種皮膚交感神経活動賦活化法がヒトの発汗運動神経活動と血管収縮神経活動の成分に及ぼす影響

関連リンク

Q145:血管の神経支配 -- ポイント | 交感神経は持続的に血管を収縮させている. | | 副交感神経(迷走神経)は血管拡張に働く. | ...
7.体温調節効果器(皮膚血管) 皮膚血管は、交感神経性アドレナリン作動性神経である皮膚血管収縮神経と、交感神経性コリン作動性神経である皮膚血管拡張神経によって支配されている。皮膚血管は熱的中性域(快適な温度環境下 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事血管」「神経」「血管収縮

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


血管収縮」

  [★]

vasoconstriction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡