血管作動性物質

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性腎不全患者での血漿中硫化水素濃度の測定
  • 三橋 秀基,後藤 真弓,真下 啓一,重原 哲也,矢野 新太郎
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(5), 427-433, 2011-05-28
  • … 危険な有毒ガスとして知られる硫化水素がヒト体内でもシステインからcystathionine β-synthase(CBS)やcystathionine γlyase(CSE)により産生されることが知られている.この物質は神経伝達物質や血管作動性物質としての働きが認められ,第3のガス状メディエーターとして認識されつつある.しかし,血液中硫化水素の濃度測定は低濃度であり干渉する物質の存在のため難しく臨床的研究は数少ない.一方,腎不全では含硫ア …
  • NAID 10029406812
  • 血管作動性物質--生合成,分泌,生理作用 肝細胞増殖因子(HGF),血管内皮細胞増殖因子(VEGF) (高血圧(第4版)--日本における最新の研究動向(上)) -- (循環生理活性物質の最新知見)
  • 真田 文博,谷山 義明,家串 和馬 [他]
  • 日本臨床 67(-) (964), 283-287, 2009-10
  • NAID 40016863245

関連リンク

血管弛緩・収縮 /血圧調節[血管作動物質/高血圧治療薬] ... 血管内皮からは、血液を 凝固させないための多くの抗血栓性物質が産生されている(トロンボモジュリン(TM)、 ヘパリン様物質(ヘパラン硫酸)、PGI2(プロスタサイクリン)、NO、 組織プラスミノゲン ...
血管内皮細胞は、我々の全身をめぐる血管の最内層にある細胞で、血管の健康状態を 維持するのに非常に重要な役割を果たしています。血管内皮細胞は一酸化窒素(NO) やエンドセリンなど数多くの血管作動性物質(血管に働きかける因子)を放出しており、 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事血管」「作動」「物質」「血管作動性」「

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行


物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス


血管作動性」

  [★]

vasoactive
血管作用性


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡