血漿性動脈壊死

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 壊死性血管炎の成立病理と血漿性動脈壊死 (血管炎--その病理と臨床<特集>) -- (病理学的概念を中心に)

関連リンク

200μmほど)が血管壊死(血漿性動脈壊死)を生ずることにより,中膜筋細胞の減少,内 . 弾性板33-1)の破壊,血漿の浸潤による微小動脈瘤を形成し,これが破綻するもので ある。 出血部位は基底核,被殻,視床,橋,小脳,皮質下の6つに分類される。

関連画像

輸入細動脈 増殖性腎炎、半月 腎動脈を閉塞 して 壊死 する b.血漿 交換 療法 血漿 分離 交換


★リンクテーブル★
関連記事血漿」「壊死」「」「動脈

血漿」

  [★]

血漿
plasma (HIS,SP), plasm (Z,PT), blood plasma
血液血清新鮮凍結血漿
  • 血液の約55%を占める
  • 血液から血球を除去したもの
血球(赤血球白血球血小板)

色調

  • 淡黄色

比重

  • 1.024-1.029 (LAB.1793)



壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡