血清療法

出典: meddic



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/08 15:49:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タンデムマス・スクリーニングのカットオフ値 : 各指標の施設間差の検討
  • 花井 潤師,野町 祥介,高橋 広夫,三觜 雄,佐々木 純子,磯部 充久,石毛 信之,穴澤 昭,安片 恭子,木下 洋子,山上 祐次,酒本 和也,田崎 隆二,小林 弘典,山口 清次,重松 陽介
  • 日本マス・スクリーニング学会誌 = Journal of Japanese Society for Mass-screening 22(1), 49-60, 2012-06-01
  • NAID 10030614261
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の治療における静注用スルホ化免疫グロブリンによる制御性T細胞の誘導
  • 奥田 祥士,亀井 慎太郎,原野 里美,新屋 希子,林田 健司,佐々木 巧
  • 薬学雑誌 132(2), 243-249, 2012
  •   Intravenous immunoglobulin (IVIg) has been shown to be effective for a variety of autoimmune diseases. Despite its widespread use and therapeutic success, the precise mechanisms for the an …
  • NAID 130001872016

関連リンク

血清療法 けっせいりょうほう 抗毒素など高度に免疫された免疫血清を注射して感染症の治療を行う方法をいう。ワクチン療法を代表とする能動的免疫療法に対して、血清療法は代表的な受動的免疫療法である。1890年にベーリングと ...
免疫血清を注射して治療する方法。ウマなどの動物の体に,病原体またはその毒素をくりかえし注射すると,ウマの血清中にこれに対する抗体ができる。

関連画像

図4 予防接種と血清療法の違い抗体の発見と血清療法二宮ひかるむかしむかし、あるところに 破傷風の血清療法確立を記念 タカのブログ


★リンクテーブル★
リンク元免疫グロブリン療法
関連記事血清」「」「療法

免疫グロブリン療法」

  [★]

immunoglobulin therapy
γ globulin administration
血清療法受動免疫γグロブリン療法免疫グロブリン静注療法免疫グロブリン大量療法



血清」

  [★]

serum (Z), blood serum
  • 血液を凝固させて生じた血餅を取り除いて得られる黄色い透明な液体 (SP.484)
  • 血漿からフィブリノーゲンと凝固因子を取り除いたもの

関連

検査

保存

  • 血清の保存は冷蔵1週間、冷凍は-80℃


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡