血液緩衝作用

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

このように、酸塩基平衡を維持して、pHを一定に保つため、血液や体液の緩衝作用( 緩衝機構)、呼吸による調節作用、腎臓による調節機構が、存在する。 体内の酸(H+)は 、ほとんど全て、栄養素の代謝の結果、生じる。 細胞の生命活動で、三大栄養素(糖質 、 ...
これらは炭酸と違い、ガス化して肺から排出出来ないため、リン酸塩による緩衝作用、 および腎臓からの排出によって調節される。 血液中には、リン酸二水素イオンとリン酸 水素イオンが約1:4の比で存在し、これ ...

関連画像

酸塩基平衡障害の診断血液pHの緩衝作用(変化)として  血液 に 近い 緩衝作用 が ある血漿タンパク質の大きさ


★リンクテーブル★
関連記事血液」「緩衝」「作用」「緩衝作用

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





緩衝」

  [★]

bufferingbufferbuffer
緩衝液緩衝化緩衝作用緩衝剤バッファバッファーリリーフ


作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

緩衝作用」

  [★]

bufferingbuffering action
緩衝緩衝化、(圧力)pressure-buffering capacity





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡