血液浄化法

出典: meddic

blood purification




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血液浄化法の適応 (特集 心不全治療法の適応と評価)
  • 酢酸フリー透析液における厳格な濃度管理の臨床的意義 (第37回日本血液浄化技術学会学術大会) -- (透析膜/血液浄化法)
  • 尾竹 薫,小倉 泰子,久野 勉
  • 日本血液浄化技術学会会誌 18(3), 58-60, 2011-01
  • NAID 40018927798

関連リンク

血液浄化とは 血液浄化とは、体液の是正、病因物質の除去を 目的とする治療法で血液透析をはじめ、血漿交換、吸着療法などの体外循環治療です。 透析 Dialysis
日本中毒学会は国民全体の保健・医療・福祉に寄与するため、中毒に関する実態の調査、病態や発生機序の解明、予防及び治療法の開発・普及をはかり、関係分野との交流の促進などを通して、中毒医療の発展と中毒事故・事件の防止 ...

関連画像

各種血液浄化法各種血液浄化法 で役立つ 実践急性血液浄化法各種血液浄化法血液 浄化 法 です 血液透析 と 急性血液浄化法徹底ガイド


★リンクテーブル★
国試過去問095D004
関連記事血液」「」「浄化

095D004」

  [★]

  • 36歳の男性。けいれん発作のために救急車で搬送された。診察時けいれんはないが全身の著明な振戦を認める。記銘力見当識とが著しく障害されている。家族からの情報により、現在医師から処方されている炭酸リチウムを、約10時間前に大量に服用したことが判明した。1か月前から悲観的になり、自殺の目的で服用したと推定された。
  • 最も適切な処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095D003]←[国試_095]→[095D005

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

浄化」

  [★]

purgingdepurationclean
きれい清掃浄化作用浄化行動清浄化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡