血液型不適合妊娠

出典: meddic

pregnancy associated with blood type incompatibility, blood-type incompatible pregnancy
discrepantia typorum sanguinis
交換輸血



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血液型不適合妊娠の診断と管理 (特集 産科外来診療フローチャート : 妊婦管理のすべて)
  • 鈴木 啓太郎
  • 産婦人科の実際 61(7), 1029-1033, 2012-07
  • NAID 40019383979
  • 血液型不適合妊娠(p型)とアフェレシス(アフェレシスと希少疾患)
  • 花房 規男,野入 英世,中尾 彰秀,高橋 孝喜,武谷 雄二,藤田 敏郎
  • 日本アフェレシス学会雑誌 31(2), 164-166, 2012-05-31
  • NAID 110009444665

関連リンク

胎盤に関する何らかの異常(常位胎盤早期剥離、梅毒など胎盤への感染症、前置胎盤 での出血など )、流産や人工妊娠中絶、羊水穿刺などが不適合妊娠を起こす原因として 考えられるものです。 血液型不適合妊娠としてはこのRh型不適合がもっとも問題 ...
Rh-E不適合による血液型不適合妊娠を経験した私の体験を記録しています。 不適合を おこしてしまった人や 通常言われるRhマイナスの方が知りたいと思われる情報を提供 したいと思います。 初めていらした方はこちらを読んでから下のコンテンツにお進み ...

関連画像

代表的疾患;血液型不適合妊娠の赤血球は 血液型不適合妊娠 母 児 血液型不適合 妊娠 rh 特集 周産期医療と輸血検査 2


★リンクテーブル★
先読み交換輸血
国試過去問102A004」「100B003」「100G052」「103I002」「105A008」「094B001」「079A040
リンク元胎児水腫」「母児間血液型不適合溶血性貧血」「母児免疫病」「血液型不適合」「母児間血液型不適合
拡張検索Rh式血液型不適合妊娠」「ABO式血液型不適合妊娠
関連記事妊娠」「血液」「血液型」「不適合」「不適

交換輸血」

  [★]

exchange transfusion, replacement transfusion, exchange blood transfusion


高ビリルビン血症の治療

  • RhD不適合
  • Rh陰性、かつ(O型 or 患児と同型)の血液
  • ABO型不一致
  • 合成血(O型血球+AB型血漿)
  • O型血液
特発性高ビリルビン血症では児と同型血


102A004」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102A003]←[国試_102]→[102A005

100B003」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100B002]←[国試_100]→[100B004

100G052」

  [★]

  • 妊婦で循環血液量が減少するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G051]←[国試_100]→[100G053

103I002」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I001]←[国試_103]→[103I003

105A008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A007]←[国試_105]→[105A009

094B001」

  [★]

  • 早産の原因になるのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

079A040」

  [★]

  • 安静療法が必要なのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

胎児水腫」

  [★]

fetal hydrops, hydrops fetal
hydrops fetalis
先天性胎児全身水腫

概念

  • 胎児水腫とは以下の所見を2つ以上そなえるものである;(1)腹水、(2)胸水、(3)心嚢水、(4)浮腫(skin edema)、(5)羊水過多 (参考1)

分類

病態生理

非免疫性胎児水腫

参考1
明らかになっていないが、以下の異常が1つ以上組み合わさって生じている。
  • 1. リンパ管の閉塞 (ex. 先天奇形、悪性腫瘍)
  • 2. 脈管の透過性亢進 (ex. 感染)
  • 3. 心筋の不全(myocardial failure) or 静脈還流路の閉塞
  • 4. 浸透圧の減少 (肝疾患、腎疾患、非免疫的機序を介さない貧血)

疫学

  • 非免疫性胎児水腫がほとんど。免疫性胎児水腫は予防方法が発達してきたため、胎児水腫の90%を非免疫性胎児水腫が占め、有病率は1500-3800出産に1例となっている(参考1)。

診断

  • 経腹壁超音波検査

予後

  • 免疫性胎児水腫に比べて非免疫性胎児水腫の予後はよくない。(QB.P-257)
  • 非免疫性胎児水腫は周産期死亡の50-98%と関連している。予後に影響を与える要素は発症時の胎齢と胸水の存在で、胎齢20週以下での胸水を伴う胎児水腫の発症は予後が悪い。胸水の存在により肺の低形成をきたすためである。(参考1)

参考

  • 1. [charged] Nonimmune hydrops fetalis - uptodate [1]

国試


母児間血液型不適合溶血性貧血」

  [★]

血液型不適合妊娠

病態生理

  • 溶血性貧血、EPの上昇による肝脾腫 → 肝臓の代謝異常・旬間以上、低蛋白血症 → 門脈圧亢進 → 循環不全、胎児浮腫の重症化 (QB.P-255)
  • 溶血性貧血 → 末梢酸素欠乏 → 高心拍出量状態 → 心不全 → 浮腫(胎児水腫)


母児免疫病」

  [★]

feto-maternal immune disease, fetomaternal immunologie diseases
血液型不適合妊娠、胎児溶血性疾患、新生児溶血性疾患


血液型不適合」

  [★]

blood group incompatibility
血液型不適合妊娠新生児溶血性疾患


母児間血液型不適合」

  [★]

血液型不適合妊娠

Rh式血液型不適合妊娠」

  [★]

血液型不適合妊娠

児がRh(D)陽性、母がRh(D)陰性でかつ未感作妊婦の管理

参考1
  • 妊娠28週
  • 少なくとも妊娠28 週前後かつ分娩時に抗Rh(D)抗体陰性を確認
  • インフォームドコンセント後、妊娠28週前後に母体感作予防目的で抗D免疫グロブリンを投与 ← 十分なエビデンスが得られていないため、ICによって同意が得られなければやらないと思われる。欧米ではこの時期の投与が行われている。
  • 正常分娩後
  • 児がRh(D)陽性かつ直接クームス試験陰性であることを確認し、分娩後72時間以内に感作予防のため母体に抗D免疫グロブリンを投与。
  • 正常分娩以外
  • 自然および人工流産後、子宮外妊娠後、羊水穿刺(絨毛生検,胎児血採取)後に感作予防のため抗D免疫グロブリンを投与。

ガイドライン

  • 1. 産婦人科 診療ガイドライン 産科編2008
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/FUJ-FULL.pdf

ABO式血液型不適合妊娠」

  [★]

ABO blood type incompatible pregnancy, pregnancy incompatible in ABO blood type
血液型不適合妊娠

妊娠」

  [★]

pregnancy, gravidity, gestation
妊娠週数妊娠期間、(妊娠週数・妊娠月数の推定)子宮#子宮の大きさtrimester妊婦
妊娠x週
x weeks of gestation

妊娠期間 (L.107)

  • 最終月経の開始から280日(40週)
  • 受精後266日(38週)

妊娠に伴う自覚、検査所見

QB必修
  • 尿検査による妊娠反応陽性:4週
  • つわり症状       :6週
  • 胎動の自覚       :18-20週

検査

超音波検査

  • 第5週で胎嚢がみとめられる。
QB必修
  • 妊娠4週:胎囊
  • 妊娠5週:胎児
  • 妊娠6週:胎児心拍
  • 妊娠10-12週:ドップラーによる胎児心拍

尿妊娠反応

  • 第5-8週で妊娠反応が陽性となる

妊娠による変化

G10M.38 NGY.293-303
  • 循環
  • 循環血液量増加 → 血漿量の増加が血球成分の増加より著しい → 血液希釈(赤血球数↓、Hb↓、Ht↓)
  • 白血球増加(5000~12000 /ul)。多核白血球優位に増加。
  • 凝固能:凝固系亢進、線溶系抑制
  • 血液凝固因子:第XI因子、第XIII因子を除き、血液凝固因子の濃度が上昇
  • 消化管
  • 胃:緊張度と運動性低下。食道括約筋圧低下、妊娠子宮による胃の変異により胃食道逆流が生じやすい(→麻酔管理では妊婦はfull stomach扱い)。
  • 呼吸器
  • 胸郭弛緩、横隔膜挙上、気道拡張(プロゲステロンによる気管平滑筋弛緩)
→[一回換気量]増加、[予備呼気量]減少、[残気量]減少 → 残気量が減少し、一回換気量が増加 → 分時換気量増加
  • 代謝:
  • 糖:
  • 食後血糖は上昇。空腹時血糖は低下する。また、食後に高インスリン血症が持続する。 (NGY.293)
  • 内分泌
  • FSH, LH:非妊娠時の基礎値
  • hCG:10週前後にピークとなり以降、減少。
  • PRL:妊娠末期に向かって増加

妊娠によるエネルギー付加量

NGY.324
  • 日本人成人女子の生活活動強度別の栄養所要量(kcal/day)
妊婦 +350
G10M.72
  • 付加エネルギー量(/day)
  • 妊娠初期:50kcal
  • 妊娠中期:250kcal
  • 妊娠末期:500kcal
  • 授乳中:450kcal

妊娠と服用薬

  • 妊婦は以下の機関に相談することを進める。
  • 妊娠と薬情報センター - 独立行政法人 国立成育医療研究センター
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html

服用薬の影響

  • 4週から7週末までは器官形成期であり、催奇形性が確認されているものはワルファリン(鼻奇形、骨形成不全)、メトトレキセート(種々の奇形)、抗てんかん薬(種々の奇形)がある。(参考1)
一般名または薬物群名 報告された催奇形性・胎児毒性
アミノグリコシド系抗菌薬 非可逆的第VIII脳神経障害、先天性聴力障害
アンギオテンシン変換酵素阻害薬
アンギオテンシン受容体拮抗薬
(中・後期)胎児腎障害・無尿・羊水過少、肺低形成、四肢拘縮、頭蓋変形
エトレチナート 催奇形性、皮下脂肪に蓄積されるため継続治療後は年単位で血中に残存
カルバマゼピン 催奇形性
サリドマイド 催奇形性:サリドマイド胎芽病(上肢・下肢形成不全、内臓奇形、他)
シクロホスファミド 催奇形性:中枢神経系、他
ダナゾール 催奇形性:女児外性器の男性化
テトラサイクリン系抗菌薬 (中・後期)歯牙の着色、エナメル質の形成不全
トリメタジオン 催奇形性:胎児トリメタジオン症候群
バルプロ酸ナトリウム 催奇形性:二分脊椎、胎児バルプロ酸症候群
非ステロイド性消炎鎮痛薬 (妊娠後期)動脈管収縮、胎児循環持続症、羊水過少新生児壊死性腸炎
ビタミンA 催奇形性
フェニトイン 催奇形性:胎児ヒダントイン症候群
フェノバルビタール 催奇形性:口唇裂・口蓋裂、他
ミソプロストール 催奇形性、メビウス症候群
子宮収縮・流早産
メソトレキセート 催奇形性:メソトレキセート胎芽病
ワルファリン 催奇形性:ワルファリン胎芽病、点状軟骨異栄養症、中枢神経系の先天異常

臨床関連

届出

参考

  • 1. 産婦人科 診療ガイドライン 産科編2008
[display]http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/FUJ-FULL.pdf




血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





血液型」

  [★]

blood group system, blood groups
P式血液型、ルイス血液型/ルイス式血液型

臨床関連

  • 血液型不適合妊娠:ABO式血液型不適合妊娠


不適合」

  [★]

incompatibilityincompatible
配合禁忌配合変化非両立不適合性不和合性矛盾両立しない適合しない


不適」

  [★]

unsuitablehostile
敵対、敵意、適さない




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡