血液型不適合

出典: meddic

blood group incompatibility
血液型不適合妊娠新生児溶血性疾患


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 22.血液型不適合生体肝移植小児例の周術期管理と経過(一般演題,第48回日本小児外科学会九州地方会)
  • 黒島 直樹
  • 日本小児外科学会雑誌 47(7), 1083, 2011-12-20
  • NAID 110008896809
  • IV-3.当院でのABO血液型不適合腎移植における血漿交換療法の経験(一般演題,日本アフェレシス学会第17回九州地方会抄録)
  • 諏訪 久美子,立山 君弘,村上 智章,豊田 麻理子,宮田 昭,上木原 宗一
  • 日本アフェレシス学会雑誌 30(3), 406, 2011-10-31
  • NAID 110008802451

関連リンク

岡山県倉敷にある妹尾小児科のホームページです。 ... ABO式血液型不適合とは 原因 胎児側の血液と母胎側の血液は混じり合わないようになっているのですが、何らかの原因により胎児血が母体側に紛れ込んでしまい、胎児の赤血球に ...
家庭医学館 - 血液型不適合妊娠の用語解説 - 母親と胎児(たいじ)の血液型が異なるだけでなく、母親に胎児の赤血球(せっけっきゅう)に対する抗体(こうたい)ができた場合を、血液型不適合妊娠(母児血液型不適合妊娠)と ...

関連画像

血液型不適合生体腎移植生着率 ABO不適合移植時の輸血血液製剤 血液型不適合の場合の妊娠率生体腎移植には、血液型不適合 ある人が妊娠( 血液型不適合 市立札幌病院 腎臓移植外科


★リンクテーブル★
先読み新生児溶血性疾患」「血液型不適合妊娠
国試過去問108G044
リンク元Rh式血液型不適合」「母児免疫
拡張検索Rh式血液型不適合妊娠」「母児間血液型不適合溶血性貧血」「血液型不適合腎移植
関連記事血液」「血液型」「不適合」「不適」「適合

新生児溶血性疾患」

  [★]

hemolytic disease of the newborn HDN
morbus haemolyticus neonatorum MHN
胎児赤芽球症 fetal erythroblastosis erythroblastosis fetalis新生児重症黄疸 icterus gravis neonatorum、胎児溶血性疾患
新生児溶血性貧血胎児水腫 hydrops fetalis
[show details]

参考

  • 1.
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscc1971b/8/3-4/8_277/_pdf



血液型不適合妊娠」

  [★]

pregnancy associated with blood type incompatibility, blood-type incompatible pregnancy
discrepantia typorum sanguinis
交換輸血



108G044」

  [★]

  • 生後 1日の新生児。在胎 39週、 2,980 gで出生した。生後 12時間から黄疸が目立つようになり、生後 22時間における血清総ビリルビン値は 20.4 mg/dl(基準 12以下 )であった。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G043]←[国試_108]→[108G045

Rh式血液型不適合」

  [★]

incompatibility of the Rh blood type
Rh不適合 Rh incompatibility, Rh incompatibleRh型不適合Rh式血液型不適合
血液型不適合
[show details]


母児免疫」

  [★]

maternal immunity
母仔免疫
IgG血液型不適合



Rh式血液型不適合妊娠」

  [★]

血液型不適合妊娠

児がRh(D)陽性、母がRh(D)陰性でかつ未感作妊婦の管理

参考1
  • 妊娠28週
  • 少なくとも妊娠28 週前後かつ分娩時に抗Rh(D)抗体陰性を確認
  • インフォームドコンセント後、妊娠28週前後に母体感作予防目的で抗D免疫グロブリンを投与 ← 十分なエビデンスが得られていないため、ICによって同意が得られなければやらないと思われる。欧米ではこの時期の投与が行われている。
  • 正常分娩後
  • 児がRh(D)陽性かつ直接クームス試験陰性であることを確認し、分娩後72時間以内に感作予防のため母体に抗D免疫グロブリンを投与。
  • 正常分娩以外
  • 自然および人工流産後、子宮外妊娠後、羊水穿刺(絨毛生検,胎児血採取)後に感作予防のため抗D免疫グロブリンを投与。

ガイドライン

  • 1. 産婦人科 診療ガイドライン 産科編2008
http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/FUJ-FULL.pdf


母児間血液型不適合溶血性貧血」

  [★]

血液型不適合妊娠

病態生理

  • 溶血性貧血、EPの上昇による肝脾腫 → 肝臓の代謝異常・旬間以上、低蛋白血症 → 門脈圧亢進 → 循環不全、胎児浮腫の重症化 (QB.P-255)
  • 溶血性貧血 → 末梢酸素欠乏 → 高心拍出量状態 → 心不全 → 浮腫(胎児水腫)


血液型不適合腎移植」

  [★]

incompatible kidney transplantation, IKT, incompatible renal transplantation, blood type incompatible kidney transplantation, blood type incompatible renal transplantation

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





血液型」

  [★]

blood group system, blood groups
P式血液型、ルイス血液型/ルイス式血液型

臨床関連


不適合」

  [★]

incompatibilityincompatible
配合禁忌配合変化非両立不適合性不和合性矛盾両立しない適合しない


不適」

  [★]

unsuitablehostile
敵対、敵意、適さない

適合」

  [★]

matching, fitting
適応 adjustment




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡