血液凝固時間

出典: meddic

blood clotting time, blood coagulation time
凝固時間 clotting time全血凝固時間 whole blood clotting time = activated clotting time ACTクイック一段法
活性化部分トロンボプラスチン時間
[show details]
  • 主に内因系の凝固因子の総合活性をみる検査項目。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 飼育下マイルカ科鯨類4種及びキタオットセイの血液凝固に関する測定値
  • 香山 薫,米崎 史郎
  • 哺乳類科学 = Mammalian Science 47(2), 221-225, 2007-12-30
  • … 鯨類の血液凝固時間の延長要因を明らかにするために,水族館で飼育されている鯨目マイルカ科4種及び食肉目鰭脚亜目アシカ科1種を対象に血液凝固に関するスクリーニングテストと血液凝固因子活性の測定(鯨目1種を除く)を行った.その結果,測定を実施した鯨目全種において,血液凝固に関するスクリーニングテストで,ヒトと比較して活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の顕著な延長が認められ,血液 …
  • NAID 10020029180
  • 周産期における血液凝固時間の延長
  • 新井 盛夫
  • 日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 14(1), 1, 2004-06-01
  • NAID 10019221049
  • アセキノシルの毒性試験の概要
  • アグロ カネショウ株式会社
  • 日本農薬学会誌 26(4), 433-438, 2001-11-20
  • … に眼及び皮膚に対する刺激性が非常に弱く, 皮膚感作性もないことが確認された.また発がん性, 変異原性及び催奇形性は認められず, 繁殖性への影響もなかった.ラットに本剤を大量に経口投与した場合, 血液凝固時間の延長がみられた.アセキノシルの化学構造がビタミンKと似ていることから, アセキノシルを投与されたラット体内では, アセキノシルがビタミンK依存性血液凝固系に介在し, 血液凝固能の低下が誘発され …
  • NAID 110001713269

関連リンク

35.血液凝固時間(新鮮血) 全血凝固時間とも称され、採血後直ちにガラス試験管に 血液を入れ、37℃でおき、完全に凝固するまでの時間を測定するものである。古典的 検査法の本テストは、PT,Ca再加時間と同意義であり、また値はきわめてよく相関する。 ...
血液凝固. とは? 血漿中のフィブリノーゲンがトロンビンの作用 ...

関連画像

血液凝固時間測定装置竝ニ血液凝固時間  試薬及び血液凝固時間測定方法 因子:血液凝固検査入門(16血液凝固時間測定装置 APTT):血液凝固検査入門(13血液凝固時間測定器ン 時間 aptt や 全 血 凝固 時間


★リンクテーブル★
先読みACT」「活性化部分トロンボプラスチン時間」「activated clotting time」「whole blood clotting time
リンク元血液凝固試験」「出血時間
関連記事血液」「」「血液凝固」「時間」「凝固

ACT」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「American College Testing / Australian Capital Territory」

活性化部分トロンボプラスチン時間」

  [★]

activated partial thromboplastin time, aPTT, APTT
部分トロンボプラスチン時間
血液凝固因子プロトロンビン時間 PT部分トロンボプラスチン時間 PTT



activated clotting time」

  [★] 活性化凝固時間 ACT

whole blood clotting time」

  [★] 全血凝固時間測定法

血液凝固試験」

  [★]

血液凝固因子

血液凝固試験 (PT. 265)

指先または耳たぶを鋭利なメスで刺して出血させ、出血するまでの時間を測定する。3-6分が正常である。出血時間延長は血小板の減少で起こりやすいが、傷の大きさ、血液循環にも影響される(PT.265)
  • 2. 血液凝固時間
採血して血液をガラス管に採り、30秒ごとに上下を逆にして凝固したか否かを判定する。正常値は5-8分である。延長は血友病に典型的に見られるが、内因系のどの因子が減少しても生ずる(PT.265)
採血した血液に直ちにシュウ酸ナトリウムを加え、プロトロンビントロンビンへの変化を防止する。次に突然大量のCa2+と組織トロンボプラスチンを加える。凝固までの時間を測定し、プロトロンビン時間とする。正常値は12秒。遅延はプロトロンビン濃度の減少を意味する(PT.265)


出血時間」

  [★]

bleeding time

概念

  • 一次止血に要する時間。血小板の凝集能などを反映する。凝固系は関係ないので注意。 → 血液凝固時間

基準値

判別

出血時間の延長

国試

  • 080D039の出血時間3分は正常範囲と考えて良い
  • 098H042



血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





間」

  [★]

一方インター~の中で

血液凝固」

  [★]

blood coagulation, blood clotting, hemopexis, coagulation of blood, clotting of blood
血液凝固因子



時間」

  [★]

期間時期瞬間モーメント~倍の

凝固」

  [★]

clotting, coagulation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡