血栓溶解療法

出典: meddic

thrombolytic therapy
線溶療法



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳梗塞の治療 超急性期血栓溶解療法 (特集 脳卒中急性期治療の最前線)
  • 舩津 世絵良,湧川 佳幸,岡田 靖
  • 総合リハビリテーション 41(12), 1089-1093, 2013-12
  • NAID 40019896151
  • 症例 分娩時異常肢位により腋窩動脈血栓症を発症した新生児症例
  • 加藤 亜矢子,高多 佑佳,笠松 由佳 [他]
  • 産科と婦人科 80(9), 1252-1255, 2013-09
  • NAID 40019792053
  • 脳梗塞に対する組織プラスミノゲンアクチベーターを用いた血栓溶解療法に伴う出血合併症に対するアンギオポエチン-1の効果

関連リンク

血栓溶解療法とは、抗血栓療法の一つで、脳の血管に詰まっている血栓(けっせん:血液の固まりのこと)を薬によって溶かして、血流を回復させる治療法で、発症した直後(3~6時間以内)に行います。 脳梗塞でも太い血管が ...
FSR(Fukuoka Stroke Registry) は脳卒中治療成果につながる研究を行い、脳卒中医療の基盤となるエビデンスを構築します。 ... 血栓溶解療法とは 脳梗塞は脳に酸素や栄養素を運んでいる動脈がつまって起こる病気です。動脈がつまると ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みthrombolytic therapy
国試過去問112C064」「109B061」「099I009」「110D057」「112D068」「110G051」「101E018」「105H036」「111E044」「097A013」「111I068」「097I043」「109D054」「107D031」「107A054」「096D023」「101A017」「097I047」「098D020」「107G057
リンク元線溶療法
拡張検索経静脈的冠動脈血栓溶解療法」「経静脈的血栓溶解療法」「静脈内血栓溶解療法
関連記事血栓」「」「溶解」「療法」「血栓溶解

thrombolytic therapy」

  [★]

fibrinolytic therapy


112C064」

  [★]

  • 次の文を読み、63~65の問いに答えよ。
  • 35歳の女性。左上下肢の脱力のため夫に連れられて来院した。
  • 現病歴:3年前に複視を自覚したが、疲れ目と考え様子をみたところ、数日で自然軽快した。1年前に右眼のかすみを自覚して自宅近くの眼科診療所を受診したが、眼底検査に異常なく約2週間で軽快した。2日前に左下肢、引き続いて左上肢の脱力を自覚した。本日、歩行も困難になったため受診した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:事務職。会社員の夫と2人暮らしで子どもはいない。喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 156cm、体重 50kg。体温 36.5℃。脈拍 64/分、整。血圧 126/68mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。視力は右0.4(0.8×-1.5 D)、左0.6(1.2×-1.0 D)。他の脳神経に異常を認めない。四肢筋力は、右側は正常、左側は徒手筋力テストで3~4の筋力低下を認める。腱反射は左上下肢で亢進し、左Babinski徴候が陽性である。自覚的に左半身のしびれ感を訴えるが、温痛覚、振動覚および関節位置覚は左右差を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球 5,300、血小板 21万、PT-INR 1.0(基準 0.9~1.1)、APTT 31.4秒(基準対照 32.2)。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.9g/dL、IgG 1,424mg/dL(基準 960~1,960)、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 28U/L、ALT 16U/L、LD 177U/L(基準 176~353)、ALP 233U/L(基準 115~359)、γ-GTP 32U/L(基準 8~50)、CK 72U/L(基準 30~140)、尿素窒素 12mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 98mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。免疫血清学所見:CRP 0.3mg/dL。抗核抗体、抗DNA抗体、抗カルジオリピン抗体、抗アクアポリン4抗体およびMPO-ANCAは陰性。脳脊髄液所見:初圧 80mmH2O(基準 70~170)、細胞数 1/mm3(基準 O~2)、蛋白 60mg/dL(基準 15~45)、糖 60mg/dL(基準 50~75)。頭部MRIのFLAIR像(別冊No. 13)を別に示す。


  • まず行うべき治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112C063]←[国試_112]→[112C065

109B061」

  [★]

  • 次の文を読み、59~61の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。右利き。会話が困難になったため搬入された。
  • 現病歴:今朝、食事中に会話のつじつまが合わないことに家族が気付き、改善がみられないため救急車を要請した。昨夜の就寝までは異常はなかったという。
  • 既往歴:50歳時の健康診断で耐糖能異常を指摘されたがそのままにしていた。
  • 生活歴:息子夫婦と3人暮らし。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:両親ともに高血圧。父親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 148cm、体重 43kg。体温 36.1℃。脈拍 104/分、不整。血圧 152/74mmHg。呼吸数 16/分。過剰心音と心雑音とを認めない。呼吸音に異常を認めない。発語は流暢であるが、錯語がみられ、言語理解が悪く、物品呼称も障害されている。復唱は可能である。読字は困難で、書字は可能であるが文意がとれない。構音障害を含め脳神経に異常を認めない。四肢の運動系と感覚系に異常を認めない。腱反射は正常で、Babinski徴候は陰性。
  • 検査所見:尿所見に異常を認めない。血液所見:赤血球 412万、Hb 12.1g/dL、Ht 40%、白血球 6,300、血小板 20万、PT-INR(prothrombin time-international normalized ratio) 1.09(基準 0.9~1.1)、APTT 24.3秒(基準対照 32.2)、血漿フィブリノゲン 306mg/dL(基準 200~400)、Dダイマー 2.2ng/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 3.5g/dL、AST 26IU/L、ALT 18IU/L、LD 232IU/L(基準 176~353)、血糖 138mg/dL、HbA1c 6.6%(基準 4.6~6.2)、トリグリセリド 154mg/dL、HDLコレステロール 38mg/dL、LDLコレステロール 143mg/dL。12誘導心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比52%。心エコー検査で左室壁運動は良好で、弁膜症を認めない。頸動脈エコー検査で左右とも有意な狭窄を認めない。頭部MRIの拡散強調像(別冊No. 9A、B)を別に示す。同時に行った頭部MRAに異常を認めない。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B060]←[国試_109]→[109B062

099I009」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 2歳3か月の男児。発熱、意識障害およびけいれんを主訴に救急車で搬送された。
  • 現病歴 : 3日前から発熱、不機嫌および食思不振を認めた。昨日夕方から本日にかけて頻回に嘔吐があった。次第に意識が低下し、母親の呼びかけに対してやっと開眼する程度であったが、本日昼からけいれんが頻発し、刺激に反応しなくなった。
  • 出生・発達歴:在胎40週、出生体重3,200g。首の坐りは3か月。寝返りは6か月。坐位は7か月。つかまり立ちは9か月、歩行は13か月。
  • 既往歴 : 生後7か月のとき、発熱と同時に強直性けいれんを認めた。けいれんの持続は2分で、自然に止まった。脳波検査を受けたが異常は指摘されず、治療も受けていない。
  • 現症 : 身長86cm、体重12.5kg。体温39.2℃。呼吸数30/分。脈拍128/分、整。血圧106/68mmHg。顔つきは無表情。けいれんは認めない。外表奇形は認めない。皮膚は湿潤しており、皮疹を認めない。大泉門は閉鎖し眼瞼結膜に貧血はなく、眼球結膜に黄疸を認めない。仰臥位で頭部を持ち上げると抵抗がある。咽頭は軽度発赤。表在リンパ節は触知しない。呼吸音は正常である。不整脈と心雑音とは認めない。腹部は平坦、軟で、腫瘤は触知しない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球420万、Hb11.8g/dl、Ht39%、白血球24,000(好中球72%、好酸球1%、単球6%、リンパ球21%)、血小板18万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6 mg/dl、アンモニア28μg/dl(基準18?048)、AST28単位、ALT12単位、LDH365単位(基準176?0353)、アルカリホスファターゼ120単位(基準260以下)、Na134mEq/l、K4.2mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP13.6mg/dl。
  • まず行う治療はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099I008]←[国試_099]→[099I010

110D057」

  [★]

  • 72歳の男性。乾性咳嗽、発熱および労作時呼吸困難を主訴に来院した。1か月前に左肺下葉の原発性肺腺癌に対し抗癌化学療法が開始されていた。治療開始後 30日目の昨日、乾性咳嗽、37.5℃の発熱および労作時呼吸困難を認め、本日には乾性咳嗽の増悪と安静時の呼吸困難とを自覚するようになったため受診した。意識は清明。皮膚は湿潤している。下腿に浮腫を認めない。脈拍 112/分、整。血圧 152/102mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 90%(room air)。血液所見:赤血球 380 万、Hb 11.9g/dL、Ht 36%、白血球 8,600(分葉核好中球 68%、好酸球 5%、単球 5%、リンパ球 22%)、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dL、アルブミン 4.2g/dL、AST 48IU/L、ALT 52IU/L、LD 752IU/L(基準 176~353)、尿素窒素 22mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL、Na 144mEq/L、K 4.6mEq/L、Cl108mEq/L、Ca 8.0mg/dL。免疫血清学所見:CRP 4.8mg/dL、β-Dグルカン 10pg/mL未満(基準 10未満)、サイトメガロウイルス抗原陰性。喀痰を認めないため喀痰培養は実施できなかった。血液培養は陰性。抗癌化学療法開始前の肺野条件の胸部CT(別冊No. 26A)と今回来院時の肺野条件の胸部CT(別冊No. 26B)とを別に示す。酸素投与を開始した。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 110D056]←[国試_110]→[110D058

112D068」

  [★]

  • 74歳の男性。腹痛のために救急車で搬入された。本日、突然、強い腹痛が生じた。横になって休んでいたが症状が持続し、冷汗も出現してきたため救急車を要請した。意識は清明。体温 36.4℃。心拍数 110/分、整。血圧 84/48mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 99%(マスク10L/分酸素投与下)。冷汗を認め皮膚は湿潤している。眼瞼結膜は貧血様であるが、眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度膨隆しており、拍動を触れ、bruitを聴取する。血液所見:赤血球 315万、Hb 10.0g/dL、Ht 30%、白血球 13,800、血小板 15万。血液生化学所見:総蛋白 4.8g/dL、アルブミン 3.3g/dL、総ビリルビン 1.8mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 92U/L、ALT 54U/L、LD 379U/L(基準 176~353)、ALP 129U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準 8~50)、CK 138U/L (基準 30~140)、尿素窒素 18mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、血糖 122mg/dL、Na 135mEq/L、K 5.0mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.7mg/dL。動脈血ガス分析(マスク10L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 34Torr、PaO2 166Torr、HCO3- 23mEq/L。腹部造影CT(別冊No. 37)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 112D067]←[国試_112]→[112D069

110G051」

  [★]

  • 55歳の男性。脱力発作を主訴に来院した。半年前から右手に持っている箸を落としたり、数分間ろれつが回りにくくなるなどの症状に気付いていた。前日に同じ症状が生じ5分で消失したが、繰り返すことが心配になり受診した。糖尿病、高血圧症および脂質異常症に対して内服治療中である。意識は清明。身長 172cm、体重 76kg。体温 36.6℃。脈拍 76/分、整。血圧 146/86mmHg。呼吸数 16/分。左頸部に血管雑音を聴取する。神経学的所見に異常を認めない。血液所見:赤血球 524万、Hb 15.8g/dL、Ht 45%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 0.7mg/dL、AST 37IU/L、ALT 45IU/L、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、空腹時血糖 120mg/dL、総コレステロール 210mg/dL、Na 142mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.2mg/dL。胸部エックス線写真で異常を認めない。頭部単純CTと頭部MRIとで異常を認めない。入院の上、治療を行った。治療前後の左総頸動脈造影像(別冊No. 8A、B)を別に示す。
  • 施行したのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 110G050]←[国試_110]→[110G052

101E018」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 59歳の男性。4時間持続する前胸部痛のために搬入された。
  • 現病歴: 1か月前から階段を上がった際に前胸部絞扼感を自覚した。安静にすると消失するので放置していた。本日早朝に前胸部絞扼感で覚醒した。しばらく我慢していたが次第に増強してきた。
  • 既往歴: 5年前から高血圧で降圧薬を服用している。
  • 現症: 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍104/分、欠代あり。血圧160/94mmHg。冷汗を伴い、四肢は冷たい。心雑音はないが、奔馬調律を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 尿所見:尿蛋白(-)、糖1+。
  • 血液所見:赤血球480万、Hb15.8g/dl、Ht46%、白血球9.800、血小板48万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.6g/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST88IU/l、ALT24IU/l、CK540IU/l(基準40~200)。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉96%。心電図を以下に示す。
  • 来院30分後、突然意識を消失し、脈拍は触知不能となった。心電図を以下に示す。直ちに行う処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101E017]←[国試_101]→[101E019

105H036」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の同いに答えよ。
  • 27歳の男性。突然の胸背部痛のため搬入された。
  • 現病歴  車の運転中、激烈な胸痛を突然自覚し、その後、背部にも痛みを伴うようになった。症状が改善しなかったため直ちに救急車を要請した。
  • 既往歴  18歳時に気胸。
  • 家族歴  母親が38歳時に突然死。
  • 現症   意識は清明。身長183cm、体重62kg。呼吸数20/分。脈拍96/分、整。血圧102/60 mmHg。頚静脈の怒張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、拍動性腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 490万、Hb 14.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,900,血小板 22万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 7.4g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 24IU/l、ALT 17IU/l。心電図で異常を認めない。内頚静脈から中心静脈カテーテルを挿入した後に撮影した胸部造影CT(別冊No.5)を別に示す。
  • 適切な治療はどれか。


  • a 昇圧薬
  • b 緊急手術
  • c 血栓溶解療法
  • d 副腎皮質ステロイドパルス療法
  • e 大動脈内バルーンパンビング IABP


[正答]


※国試ナビ4※ 105H035]←[国試_105]→[105H037

111E044」

  [★]

  • 42歳の女性。左片麻痺と意識障害のため救急車で搬入された。本日、朝食を準備中に突然、意識を失い倒れたため夫が救急車を要請した。1年前に高血圧を指摘されたことがあるが特に治療は受けていなかった。意識レベルはJCSⅡ-10。体温 36.7℃。心拍数 84/分、整。血圧 150/88mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 100%(鼻カニューラ2L/分酸素投与下)。左片麻痺を認める。血液所見:赤血球 418万、Hb 12.8g/dL、Ht 38%、白血球 7,200、血小板 23万。血液生化学所見:血糖 98mg/dL。CRP 0.2mg/dL。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真で異常を認めない。頭部CT(別冊No. 7A)と右内頸動脈造影側面像(別冊No. 7B)とを別に示す。今後の治療方針として血管内治療の後に開頭手術を行うこととした。
  • 行うべき血管内治療はどれか。
  • a 血栓溶解療法
  • b 経皮血管形成術
  • c ステント留置術
  • d 脳動脈瘤塞栓術
  • e 流入動脈塞栓術



[正答]


※国試ナビ4※ 111E043]←[国試_111]→[111E045

097A013」

  [★]

  • 65歳の男性。腹部外傷のため、全身麻酔下に開腹脾摘術を受け、気管内挿管のままICUに収容された。生来健康で、喫煙歴は30歳から1日20本程度であった。術前の胸部エックス線写真と心電図とに異常はなかった。ICU入室時、人工呼吸下の血行動態は安定し、呼吸音に異常はなく、動脈血ガス分析(調節呼吸、FIO2 0.4)はpH7.41、PaO2 135Torr、PaCO2 35Torr、BE -1mEq/lであった。入室の翌朝、左肺の呼吸音が消失し、動脈血ガス分析(間欠的強制換気(IMV)、FIO2 0.4)はpH7.35、PaO2 68Torr、PaCO2 42Torr、BE -3mEq/lであった。血行動態に変化はみられない。このときの胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097A012]←[国試_097]→[097A014

111I068」

  [★]

  • 12歳の男児。脱力発作を主訴に母親に連れられて来院した。2年前からハーモニカを吹いたときや熱いラーメンを食べたときに右または左手足の脱力が出現し、数分で改善するという発作が出現していた。最近は発作の頻度が増加しており月に2回程度みられるという。本日も体育の授業中に右手足の脱力と構音障害とが出現し、数分後に回復したが、心配した母親に連れられて受診した。意識は清明。体温 36.2℃。脈拍 88/分、整。血圧 118/72mmHg。呼吸数 18/分。神経学的所見、血液生化学所見、心電図および胸部エックス線写真に異常を認めない。頭部MRIのT1強調像(別冊No. 21A)と左右の内頸動脈造影正面像(別冊No. 21B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111I067]←[国試_111]→[111I069

097I043」

  [★]

  • 72歳の女性。早朝に大量の新鮮血下血を認めたため来院した。顔面蒼白で眼瞼結膜に貧血を認めた。腹部は平坦、軟で、腸雑音は正常であった。脈拍120/分、整。血圧112/70mmHg。緊急大腸内視鏡検査で多数の憩室を認めたが、多量の新鮮血のため出血源は不明であった。Hb7.2g/dlであったため赤血球濃厚液輸血を行った。しかし、血圧が70/30mmHgまで低下したため腹部血管造影を行った。上腸間膜動脈から分岐する右結腸動脈の選択的造影写真動脈相と毛細血管相とを以下に示す。
  • 引き続いて行う最も適切な経動脈的治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097I042]←[国試_097]→[097I044

109D054」

  [★]

  • 63歳の男性。動悸と労作時息切れとを主訴に来院した。3年前の健康診断で心拡大を指摘されたが無症状であるため医療機関を受診しなかった。1週前から動悸を自覚するようになり、坂道を歩くと息切れを感じるため受診した。脈拍 104/分、不整。血圧 122/78mmHg。SpO2 97%(room air)。胸骨左縁第2肋間を最強点とする収縮期雑音とII音固定性分裂とを聴取する。肝を3cm触知する。下腿に軽度の浮腫を認める。12誘導心電図(別冊No. 26A)、胸部エックス線写真(別冊No. 26B)及び心エコー図(別冊No. 26C、D)を別に示す。
  • 今後の方針として適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 109D053]←[国試_109]→[109D055

107D031」

  [★]

  • 62歳の女性。胸部違和感を主訴に来院した。脂質異常症と高血糖とを定期健康診断で指摘されていたが、仕事が忙しくそのままにしていた。本日、買い物の帰りに駅の階段を昇った時に胸部違和感を自覚した。30分ほど椅子に座って休息したが症状が改善しないため受診した。最近1か月の間に労作時の胸部違和感が頻回にあった。脈拍84/分、整。血圧124/78mmHg。SpO2 98%(room air)。同日、緊急で冠動脈造影が実施された。左冠動脈造影像(別冊No.12)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D030]←[国試_107]→[107D032

107A054」

  [★]

  • 65歳の男性。特に誘因のない突然の激しい胸背部痛のため搬入された。搬入時、顔貌は苦悶様であった。意識は清明。体温36.8℃。脈拍104/分、整。右上肢血圧140/82mmHg、左上肢血圧138/78mmHg。SpO2 100%(マスク4l/分酸素投与下)。呼吸音と心音とに異常を認めない。四肢末梢にチアノーゼを認めない。両下肢の脈拍の触知は良好。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真で心胸郭比50%。胸部造影CT(別冊No.24)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。
  • a 降圧を行いながら経過をみる。
  • b 血栓溶解療法を行う。
  • c 大動脈バルーンパンピング(IABP)を行う。
  • d 肺動脈血栓除去術を行う。
  • e 上行大動脈人工血管置換術を行う。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A053]←[国試_107]→[107A055

096D023」

  [★]

  • 58歳の男性,歩行時の右下肢疼痛を訴えて来院した。
  • 2年前から300mの歩行で右殿部から下肢にかけて痛みを自覚するようになった。痛みのために次第に歩行可能距離は短くなり、最近では安静時にも疼痛が出現するようになった。
  • 右下肢は冷たく足背動脈の脈拍動は触知しない。脈拍74/分、整。血圧160/88mmHg。
  • 血液所見:赤血球450万、Hb13.2g/dl、Ht43%、白血球6,800。
  • 骨盤部の動脈造影写真とその6秒後の写真とを以下に示す。
  • この患者の適切な治療方針はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096D022]←[国試_096]→[096D024

101A017」

  [★]

  • 25歳の男性。バレーボールを行っているうち、急に左胸痛と呼吸困難とが出現して来院した。既往に特記することはない。意識は清明。身長174cm、体重57kg。体温36.8℃。呼吸数32/分。脈拍108/分、整。血圧112/64mmHg。皮膚はやや湿潤。心濁音界はやや右方に偏移しているが心雑音はない。左肺野は打診上鼓音を呈し、呼吸音を聴取できない。腹部と下肢とに異常を認めない。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.47、PaO2 78Torr、PaCO2 33Torr、HCO3- 23.2mEq/l。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 必要な処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A016]←[国試_101]→[101A018

097I047」

  [★]

  • 38歳の男性。意識障害のため仲間に伴われて救急車で搬入された。本日、海で水深30m程度のスキューバ潜水を楽しんでいた。2回目に浮上したとき、約5分後に全身倦怠感を訴え、意識を消失した。搬入時は意識は清明で、顔面腫脹、両上肢の感覚低下および両下肢の運動麻痺と感覚低下とを認める。血液所見:赤血球560万、Hb20.2g/dl、Ht61%、白血球8,800。胸部エックス線写真に異常はなく、心電図は正常範囲である。
  • 適切な治療法はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I046]←[国試_097]→[097I048

098D020」

  [★]

  • 59歳の男性。通勤時に駅の階段を昇っていたところ、意識を失い救急車で搬入された。
  • 2年前から労作時の息切れと胸部圧迫感とを自覚していた。5分位の安静で症状は消失するため放置していた。
  • 来院時、意識は清明。脈拍96/分、整。血圧100/64mmHg。胸骨右縁第2肋間に最強点を有する4/6度の駆出性収縮期雑音を聴取する。
  • 心エコー図と心カテーテル検査所見とを以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D019]←[国試_098]→[098D021

107G057」

  [★]

  • 65歳の男性。左上下肢の脱力を主訴に来院した。1週前から左上下肢の脱力が時々出現し、5分ほどで改善していた。受診時、神経学的な診察で異常所見を認めない。体温36.5℃。脈拍60/分、整。血圧140/72mmHg。心電図で異常を認めない。頭部単純MRIで異常を指摘され検査目的で入院となった。脳血管造影の右総頸動脈側面像(別冊No.10)を別に示す。
  • この患者に血管内治療を行う場合に適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G056]←[国試_107]→[107G058

線溶療法」

  [★]

fibrinolytic therapy
血栓溶解療法
-血栓溶解療法



経静脈的冠動脈血栓溶解療法」

  [★]

intravenous coronary thrombolysis, IVCT
経静脈的血栓溶解療法

経静脈的血栓溶解療法」

  [★]

intravenous thrombolytic therapy
経静脈的冠動脈血栓溶解療法


静脈内血栓溶解療法」

  [★]

intravenous thrombolysis


血栓」

  [★]

thrombus, thrombi TH
血栓症


分類

心筋梗塞における血栓

  • ST上昇型急性冠症候群の症例ではフィブリンと赤血球主体の赤色血栓が認められ、非ST上昇型急性冠症候群で心筋トロポニンが上昇した症例では血小板主体の白色血栓が存在していることが明らかとなった。

参考文献

  • 岡松健太郎1 清野精彦1 水野杏一2, 血管内視鏡を用いた急性冠症候群の洞察(II),日医大医会誌2009; 5(1)
1日本医科大学千葉北総病院循環器内科
2日本医科大学大学院医学研究科器官機能病態内科学



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


血栓溶解」

  [★]

thrombolysis
血栓溶解剤血栓溶解薬





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12Frequency of Manual Blowdown mail8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16プロステーシス+整形外科6
17brom+tech+心臓6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20視床手5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4アイソボログラム13
5篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9グレー症候群+小児8
10メタロプロテイナーゼ8
11下壁梗塞8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14プロステーシス+整形外科6
15+白衣を着る理由 看護師 原著6
16体幹ギプス固定 画像6
17セリンプロテイナーゼ6
18brom+tech+心臓6
19肺動脈圧5
20ウィルヒョウの3徴候5