血性髄液

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Pituitary apoplexy後に発症した尿崩症の1例
  • 飯竹 一広,木村 時久,松井 邦昭,太田 耕造,庄司 優,井上 実,羽二生 邦彦,村上 治,佐藤 秀一,吉永 馨
  • 日本内科学会雑誌 74(9), 1265-1269, 1985
  • … 症例は56才の男.主訴は頭痛と悪心.昭和51年頃より性欲低下その後易疲労感を覚えるようになつた.昭和55年3月13日,突然悪心,頭痛出現,某医にて血性髄液所見より,くも膜下出血を疑われ脳卒中センターに入院する.その後,頭部X線写真上トルコ鞍のballooningが認められたためpituitary apoplexyと診断される.前医入院時意識は清明で血清Na値は130mEq/lであつたが,第7病日に105mEq/lに低下し呼吸停止等の水中毒症状を呈した.しかし,水制 …
  • NAID 130000890599
  • 血性髄液およびxanthochromic髄液の肉眼的Gradingの試み
  • 関貫 聖二,高杉 晋輔,松本 圭蔵
  • 最新医学 37(7), p1409-1413, 1982-07
  • NAID 40001435552

関連リンク

③ 外観:血性である場合は、3本に分けて採取する。traumatic tapでは、1本目の 赤血球数、ヘマトクリットが3本目より多く、上清にキサントクロミーを認めない。血性髄液 は、脳出血、クモ膜下出血、ヘルペス脳炎、脳静脈洞血栓症などで見られる。出血後2 ~3 ...
2007年6月12日 ... したがって、血性の髄液を見たとき、トラウマティックなのか? ... と思いながら髄液検査 をしたら、どちらも血性髄液であったことは同じですが、かたや患者は障害、医者は訴訟 、かたや超ラッキーな救命ケースと、明と暗が極めて対照的です。

関連画像

 漏出症 (低髄液圧症候群設問8-2ギムザ染色400倍正常な髄液は無色透明(右)の 日々是よろずER診療写真 1設問8-1サムソン染色400倍



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡