血圧降下剤

出典: meddic

降圧薬

商品

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/06 13:14:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/26 22:34:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/25 12:18:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第9回ジェネリック医薬品品質情報検討会 血圧降下剤10種159製剤 溶出性に問題なし
  • レセプトデータでみる潜在市場(Vol.7)血圧降下剤

関連リンク

降圧剤(血圧降下剤)の効果、副作用、使用上の注意とは? goo辞書提供の薬検索。 約7000の薬剤の情報が名前と識別コードから検索できます。
夏の職場の検診で肝機能値に異常ありの結果がでました。 血圧が高いので、以前から 近くの医院で血圧の降下剤を ... アムロジン錠5 5mg http://www.info.pmda.go.jp/go/ pack/2171022F1037_ … 塩酸ベニジピン錠4mg .... 別の薬ですが ...
尿量が少なく循環血液量が多い状態では血圧が高くなるため、利尿薬による水分排泄 は降圧効果を示す。 糸球体濾過 ..... α受容体遮断薬においては血圧降下に伴い フィードバックとして生じる反射性頻脈が副作用として生じるという問題点があった。 しかし、α1β ...

関連画像

血圧降下剤の分類の考え方血圧降下剤は脳の血流を少なく  血圧降下剤を急にやめるのは血圧降下剤の主作用血圧降下剤の効きすぎ平成25年6月新発売品目のご案内使用 した 薬 血圧降下剤 血圧降下剤バルサルタン


★リンクテーブル★
先読み降圧薬
リンク元医療用医薬品」「エプレレノン」「メチルドパ」「カプトプリル」「ピンドロール
関連記事血圧」「」「降下」「降下剤」「血圧降下

降圧薬」

  [★]

hypotensor, depressor, hypotensive drugs hypotensive agent hypotensive drug
降圧剤血圧降下薬高血圧症治療薬抗高血圧薬 antihypertensive antihypertensive drug, antihypertensive drugs
[show details]

降圧薬

  • (作用部位で分類)
  • 近位尿細管:アセタゾラミド:炭酸脱水酵素を阻害
  • 太いヘンレループ上行脚:フロセミド:Na+-K+-2Cl-共輸送体(NKCC)を阻害
  • 遠位尿細管前半部:チアジド系利尿薬:Na+とCl-の共輸送体を阻害
  • 遠位尿細管後半部と集合管:
スピラノラクトン:アルドステロン受容体に競合的に結合
トリアムチレン:Na+流入を抑制
  • (薬剤で分類)
  • チアジド系薬 thiazide diuretic
  • ヒドロクロロチアジド
  • トリクロルメチアジド
  • ループ利尿薬
  • フロセミド furosemide
  • K保持性利尿薬-抗アルドステロン薬
  • スピロノラクトン spironolactone
  • K保持性利尿薬-尿細管直接作用薬
  • トリアムテレン triamterene
  • 交感神経抑制薬
  • 受容体遮断薬
  • β遮断薬  プロプラノールなど
  • αβ遮断薬 
  • カルベジロール(α1遮断により末梢血管を拡張。β遮断により陽性変力作用を抑制)
  • アムスラロールなど
  • α遮断薬
  • プラゾシン
  • 中枢性交感神経抑制薬(α2受容体刺激薬)
  • クロニジンなど
  • 末梢性交感神経抑制薬 
  • カルシウム拮抗薬
強力な降圧効果を示す
細胞内へのCa流入を抑制することにより血管平滑筋を弛緩させ末梢血管抵抗を下げる
脳、心臓、腎臓への血流を保つ
膜電位依存性Caチャネルに作用して血管平滑筋を弛緩させる
副作用:ジルチアゼムの副作用:洞性徐脈、洞性ブロック
  • ニフェジピン: 血管への親和性が高い→抗高血圧薬として優れる
副作用:反射性交感神経緊張、顔面紅潮、浮腫(静脈拡張より動脈拡張の度合いが大きいため)、便秘
  • 血管拡張薬
  • ACE阻害薬
臓器障害の改善、進展予防 beyond blood pressure
RA系の抑制
アンジオテンシノゲン→(レニン)→アンジオテンシンI→(アンジオテンシン転換酵素)→アンジオテンシンII-(アンジオテンシン受容体遮断薬)-|アンジオテンシン受容体1
ACE阻害薬の腎機能保護
ACE阻害薬:輸入細動脈 拡張、輸出細動脈 拡張 → 糸球体内圧↓
Ca拮抗薬 :輸入細動脈 拡張、輸出細動脈 なし → 糸球体内圧↑
副作用
ACEはブラジキニンを分解するキニナーゼIIと同一の酵素である。ACE阻害薬はこの酵素を阻害するが、ブラジキニンは血管拡張、決勝滲出決勝進出、発痛作用に関わっている。このため咳を誘発することがある。
禁忌
妊婦。ブラジキニンは胎児の動脈管閉鎖に関わっている。このた、母胎にACE阻害剤を加え、ブラジキニンが増えると胎児の動脈管が閉鎖してしまう。(血管浮腫?)
  • 1型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(AT1受容体拮抗薬)


降圧薬の積極的な適応と禁忌

降圧薬 積極的な適応 禁忌
高齢者 糖尿病 狭心症 心不全 脳血管障害 左室肥大 腎障害 心筋梗塞 頻脈 脂質代謝異常 前立腺肥大
Ca拮抗薬               心ブロック(ジルチアゼム)
ACE阻害薬         妊娠、高カリウム血症両側腎動脈狭窄
A-II受容体拮抗薬        
利尿薬                   痛風高尿酸血症
β遮断薬             ○(後)     喘息、心ブロック、末梢循環不良
α遮断薬                 起立性低血圧

  • 合併症を有する高齢者高血圧に対する第一選択薬と併用薬
合併症 Ca拮抗薬 ACE阻害薬 利尿薬 β遮断薬 α遮断薬
脳血管障害慢性期    
虚血性心疾患    
心不全  
腎障害    
糖尿病
高脂血症
痛風(高尿酸血症) ×    
慢性閉塞性肺疾患     ×  
閉塞性動脈硬化症 ×  
骨粗鬆症        
前立腺肥大        

○:第一選択 空欄:適応可 △:注意が必要 ×:禁忌

妊婦への降圧薬 (妊娠中毒症)

理由はACE参照

使用できる降圧薬

α2作動薬
  • 胎児がしっかりしているのなら
  • Ca拮抗薬
β遮断薬
α遮断薬

参考

  • 1. 高血圧治療ガイドライン
[display]http://www.jhf.or.jp/a&s_info/guideline/kouketuatu.html



医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


エプレレノン」

  [★]

eplerenone
セララ、inspira
血圧降下剤


効能又は効果

セララ錠25mg/セララ錠50mg/セララ錠100mg
  • 高血圧症

薬効薬理

セララ錠25mg/セララ錠50mg/セララ錠100mg
  • 1. 作用機序33)~36)
  • エプレレノンは鉱質コルチコイド受容体に結合し、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(RAAS)のホルモンであるアルドステロンの結合を阻害する。アルドステロンは腎などの上皮組織並びに心臓、血管及び脳などの非上皮組織における鉱質コルチコイド受容体に結合し、ナトリウム再吸収及びその他の機序を介して血圧を上昇させる。エプレレノンはこれらのアルドステロンの作用を阻害することで降圧作用を発揮するものと考えられる。エプレレノンはレニン分泌へのアルドステロンによるネガティブフィードバックを抑制するため、血漿中レニン活性及び血清中アルドステロン濃度を持続的に上昇させるが、これらの上昇はエプレレノンの作用を減弱しない。
  • 2. 受容体結合の選択性33),34)
  • エプレレノンは、ラット及びヒトの鉱質コルチコイド受容体に選択的に結合する。糖質コルチコイド受容体、アンドロゲン受容体、プロゲステロン受容体等、他のステロイドホルモン受容体に対する親和性は、鉱質コルチコイド受容体に対する親和性と比べて1/20以下であった。ラットを用いた試験で、臨床投与量のエプレレノンには、鉱質コルチコイド受容体以外のステロイドホルモン受容体への作用に起因する副作用は認められなかった。
  • 3. 高血圧に対する作用36)~38)
  • (1) エプレレノンは、アルドステロン持続投与/食塩負荷を行った一側腎摘出高血圧ラットにおいて、収縮期血圧に対し持続的な降圧作用を示した。
  • (2) エプレレノンは、脳卒中易発症性自然発症高血圧ラット(SHRSP)において、2週間の投与期間中、収縮期血圧に対し持続的な降圧作用を示した。また、ACE阻害薬であるリシノプリルとの併用により、降圧作用は顕著に増強された。
  • (3) 食塩感受性低レニン型高血圧の動物モデルであるDahl食塩感受性ラットにおいて、エプレレノンは4週間の持続投与で収縮期血圧に対し用量依存的な降圧作用を示した。

重大な副作用

  • 高カリウム血症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。

禁忌

セララ錠25mg/セララ錠50mg/セララ錠100mg
  • 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 高カリウム血症の患者もしくは本剤投与開始時に血清カリウム値が5.0mEq/Lを超えている患者[高カリウム血症を増悪させるおそれがある。]
  • 3. 微量アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者[高カリウム血症を誘発させるおそれがある。]
  • 4. 中等度以上の腎機能障害(クレアチニンクリアランス50mL/分未満)のある患者[高カリウム血症を誘発させるおそれがある。]
  • 5. 重度の肝機能障害(Child-Pugh分類クラスCの肝硬変に相当)のある患者[高カリウム血症等の電解質異常が発現するおそれがある。
  • 6. カリウム製剤、カリウム保持性利尿薬を投与中の患者[「相互作用」の項参照]
  • 7. イトラコナゾール、リトナビル及びネルフィナビルを投与中の患者[「相互作用」の項参照]

添付文書

  • セララ錠25mg/セララ錠50mg/セララ錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2149045F1029_2_01/2149045F1029_2_01?view=body


メチルドパ」

  [★]

methyldopa
methyldopi
αメチルドーパ αメチルドパ (国試)α-メチルドパ alpha-methyldopa
メチルドパ水和物
アルドメット Aldometユープレスドパ
血圧降下剤
[show details]


分類

  • 中枢性交感神経抑制薬

作用機序

  • α2受容体アゴニスト → シナプス前膜にあるα受容体に結合し、自己抑制的に作用するはず。
  • 血管運動中枢に抑制的に作用して、降圧に働く。

適応

  • 高血圧、妊婦、腎障害者に使用可能。妊婦にも使える降圧薬(ほかにヒドララジンがあったなあ)。

副作用

  • 溶血性貧血、SLE様作用、Coombs陽性、肝障害、起立性低血圧

GOO.853

  • 傾眠、見当識低下 ← 脳幹のα2受容体に対する作用
  • 口内乾燥 ← 延髄の中枢におけるα受容体の抑制。
  • 性欲減退、パーキンソン症候群、高プロラクチン血症(女性化乳房や乳汁漏出をきたすのが明白になる程度) ← 中枢神経系に対する作用(ドパミン作動性ニューロンにα-メチルドパミンが蓄積してそうである)
  • 洞房結節の機能障害がある患者では重度の徐脈や洞停止

禁忌

  • 肝障害



カプトプリル」

  [★]

cuptopril
アポプリールカトナプロンカトプロンカプシールカプトリルカプトルナコバプリルダウプリルCapoten
降圧薬アンジオテンシン変換酵素阻害薬血圧降下剤


分類

作用機序

  • 1. renin-angiotensin系抑制
アンジオテンシンIIの生成を抑制
末梢血管抵抗↓、アルドステロン分泌↓
  • 2. kallikrein-kinin系の亢進?
  • 3. prostaglandin系への作用?
  • 4. 血管壁でのrenin-angiotensin系の抑制?
  • 5. 末梢交感神経系の抑制?

適応

動態 (SPC.254)

  • 胃腸管から吸収され、約1時間で最高血中濃度
  • 半減期は0.66時間
  • 腎排泄

禁忌

  • 妊婦

臨床関連

  • カプトプリル負荷試験


ピンドロール」

  [★]

pindolol
イスハートカルジレートカルビスケングルタラングルタランRピチオロールビリンガルピースゲンブロクリンブロクリン-Lレットリット
アドレナリン受容体
血圧降下剤


概念

作用機序

薬理作用

内因性交感神経刺激作用を有する
膜安定化作用無し?
脳血管関門通過しない?
レニン放出抑制作用は無い

動態

適応


血圧」

  [★]

blood pressure, BP
動脈圧 arterial pressure AP
血圧測定

成人の血圧(日本高血圧学会 2004年版ガイドライン)

  • 至適血圧:120mmHg かつ 80mmHg
  • 正常血圧:130mmHg かつ 85mmHg
  • 正常高値血圧:130~139mmHg または 85~89mmHg
  • 軽症高血圧:140~159mmHg または 90~99mmHg
  • 中等症高血圧:160~179mmHg または 100~109mmHg
  • 重症高血圧:≧180mmHg または ≧110mmHg
  • 収縮期高血圧:≧140mmHg かつ <90mmHg

糖尿病性腎症

  • 管理目標: 130/80 mmHg
  • 尿蛋白1g/日以上:125/75 mmHg

冠血管と血圧

  • In the normal state, autoregulatory mechanisms adjust coronary tone tomatch myocardial oxygen supply with oxygen requirements. In the absence of obstructive coronary disease, thesemechanisms maintain fairly constant rate of coronary flow, as long as the aortic perfusion pressure is approximately 60 mmHg or greater.

血圧の異常

血圧の上肢における左右差

  • 大動脈炎症候群:腕頭動脈、鎖骨下動脈の狭窄・閉塞を生じる
  • 動脈硬化:鎖骨下動脈領域の病変があるとき、左右の脈拍差や皮膚温の違いを生じる

血圧の上下肢の差(下肢>上肢)

  • 大動脈炎症候群:大動脈弓部が冒されやすいが、鎖骨下動脈が冒された場合に上肢の血圧が低下。
  • 解離性大動脈瘤:解離腔に生じた血腫が鎖骨下動脈を圧迫すると、上肢の血圧が低下
  • 大動脈閉鎖不全症Hill徴候

収縮期血圧のみ高い。拡張期血圧は高くない

拡張期に動脈血流が減少する病態(血流が体循環に押し出されないか、心収縮力のみ上昇している状態?(体循環の血管抵抗が上がっていない?))
脈圧が上昇する
  • 1. 大動脈基部の血流が逆流やシャントにより減少する場合
  • 3. その他

ショック

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

非侵襲的な血圧測定法による血圧の上肢・下肢の差

  • 血圧を測定するために駆血帯で血流を遮断する必要がある。このとき、下肢の動脈の方が深部を走行しているため上肢より強く駆血帯で圧迫する必要がある。強く圧迫を要する分だけ下肢の血圧が高く測定されてしまう。


心血管とその周囲の血圧 YN.C-29

see also PHD.61
中心静脈   肺動脈楔入圧
4~8 8~20
右心房 左心房
1~4 8~20
右心室 左心室
8~20 120~20
肺動脈 大動脈
8~20 120~70

臓器移植における脳死判定の除外

脳死判定#脳死判定の除外規定臓器の移植に関する法律施行規則#第二条第四項
  • 収縮期血圧が以下で定められる数値未満の場合には脳死判定ができない。
  • 1歳未満の者 65
  • 1歳以上13歳未満の者 年齢x2+65
  • 13歳以上の者 90

国試



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


降下」

  [★]

dropfall
液滴、陥る、減少、低下、滴下下落落ちる転倒、落下

降下剤」

  [★]

depressant
抑制剤抑制薬


血圧降下」

  [★]

pressure reduction
低血圧




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3