出典: meddic

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/11 01:20:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 「産婦人科領域レーザー診療の現状と将来」によせて
  • 坂本 優
  • 日本レーザー医学会誌 33(2), 110-110, 2021
  • … 望について,杏雲堂病院の坂本が概説いたします.さらに,子宮体部病変に対するレーザー治療の開発状況について,奈良県立医科大学の重富先生に執筆していただきました.また,産科領域では,双胎間輸症候群における胎児レーザー治療の現状と展望について国立成育医療センターの山下先生に執筆していただきました.最後に,子宮頸部再発病変に対する光線力学療法(PDT)の現状と展望に関して,杏雲堂病 …
  • NAID 130004893551
  • 田村俊子「生」論:イメージが語る〈私〉
  • 新社長 Who's Who 「正しい行い」を重視する熱漢 TOTO 喜多村円(きたむらまどか)

関連リンク

血液(けつえき、英語:blood)は動物の主要な体液で、全身の細胞に栄養分や酸素を 運搬したり二酸化炭素や老廃物を運び出すための媒体である。 ヒトの血液量は体重の およそ 1/13(男性で約8%、女性で約7%)であり、体重 70 kg の場合は、約 5kg が血液 ...
血(けつ)とは、中医学においては、脈中を流れる赤色の液状物である。生体内で活動 するものとして、気とともに重要なものである。 [編集] 生成. 源は飲食物であり、脾胃から もたらされる後天の精から造られ、素材は、津液と営気であり、肺による呼吸作用が深く ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 心臓外科手術用心停止及び心筋保護液

販売名

ミオテクター冠血管注

組成

  • 本剤は、A液及びB液よりなる組合せ製剤であり、用時A液にB液を全量添加し、混合して使用する。A液及びB液は、それぞれ下記の成分・分量を含有する。

A液/1プラスチック容器(495mL)

塩化ナトリウム(NaCl)

  • 3214.2mg

塩化カリウム (KCl)

  • 596.4mg

塩化マグネシウム(MgCl2・6H2O)

  • 1626.4mg

塩化カルシウム水和物(CaCl2・2H2O)

  • 88.2mg
  • 添加物としてpH調整剤を適量含有する。

B液/1アンプル(5mL)

炭酸水素ナトリウム (NaHCO3)

  • 420.0mg
  • なお、A液及びB液の混合液の電解質濃度(理論値)は次のとおりである。

AB混合液

Na+

  • 120.0mEq/L

K+

  • 16.0mEq/L

Mg2+

  • 32.0mEq/L

Ca2+

  • 2.4mEq/L

HCO3-

  • 10.0mEq/L

Cl-

  • 160.4mEq/L
  • ※St.Thomas 第2液と同一組成

効能または効果

  • 低体温体外循環下、大動脈を遮断し実施される心臓外科手術における、心停止及び心筋保護
  • 本剤は、用時A液にB液を全量添加し、十分に混合して使用する。A液にB液を混合後、本剤を4℃前後に冷却し、人工心肺装置を用い、患者を体外循環下に置き、体外循環灌流温を予定の低温にした後、上行大動脈を遮断し、直ちに、通常成人体重1kg当たり10〜20mLを、順行性冠灌流にて注入する場合は2〜4分かけて冠状動脈(大動脈基部)に、また、逆行性冠灌流にて注入する場合は4〜7分かけて冠状静脈(冠状静脈洞)に注入する。ただし、心停止が得られない場合は、心停止が得られるまで適宜増量する。また、同時に、心嚢内に4℃前後に冷却した局所冷却液(生理食塩液、リンゲル液、乳酸リンゲル液等)を持続的若しくは定期的に注入し、あるいはアイススラッシュを用いて、心臓の局所冷却を維持する。以後、20〜30分ごとに、本剤(A、B混合液)を初回注入量の半量を目安に心停止が維持できるよう追加注入する。また、途中で心機能が回復した場合、若しくは心筋温が15〜20℃以上に上昇した場合は、速やかに心停止が得られるまで追加注入を行う。本剤(A、B混合液)の注入に当たっては、順行性冠灌流を基本とし、順行性冠灌流のみでは本剤が心筋に十分行き渡らない可能性がある場合、逆行性冠灌流の併用あるいは逆行性冠灌流を行う。なお、1手術当たりの注入量は、手術の種類や手術時間により異なる。注入に際しては、注入圧をモニターし、過度の注入圧を回避すべく注意する。

慎重投与

  • 重篤な腎障害のある患者[水・電解質異常を来すおそれがある]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[体液の水分・電解質が過剰となることがある]
  • 高張性脱水症の患者[本症では水分補給が必要であり、電解質を含む本剤の投与により症状が悪化するおそれがある]
  • 高度のアシドーシスのある患者[アシドーシスを悪化させるおそれがある](「重要な基本的注意」の項参照)
  • 高マグネシウム血症の患者 [本剤はマグネシウムを含有するので血清マグネシウムを上昇させることがある]
  • 高カリウム血症の患者 [本剤はカリウムを含有するので血清カリウムを上昇させることがある]

重大な副作用

心筋梗塞、低心拍出量症候群(0.1〜5%未満)

  • 大動脈遮断中、又は大動脈遮断解除後に心筋梗塞、大動脈遮断解除後に低心拍出量症候群があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には陽性変力性薬剤、補助循環を使用するなど適切な処置を行うこと。

心室細動、心室頻拍、心室性期外収縮、完全房室ブロック(0.1〜5%未満)

  • 大動脈遮断解除後に心室細動、心室頻拍、心室性期外収縮、完全房室ブロックがあらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には除細動装置、ペースメーカーを使用するなど適切な処置を行うこと。

高カリウム血症(0.1〜5%未満)

  • 重篤な高カリウム血症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。

薬効薬理

心停止作用

  • ラット摘出心灌流モデルを用いた試験において、本剤の注入により速やかな心停止作用を示した2)
  • イヌ心臓手術モデルを用いた試験において、大動脈遮断後、本剤を直ちに大動脈基部より冠状血管に注入することで速やかな心停止作用を示した。また、20分毎に本剤を追加注入することにより大動脈遮断中の心停止を維持した3)

心筋保護作用

  • ラット摘出心灌流モデルを用いた試験において、120分間虚血後の心機能(大動脈流量、冠灌流量、心拍出量、大動脈圧、心拍数)の回復率は高く、クレアチンキナーゼ漏出量は低かった。また、高エネルギーリン酸化合物は良好に保持され、総合的に良好な心筋保護作用を示した2)
  • イヌ心臓手術モデルを用いた試験において、180分間虚血後の心機能(心拍数、最大左室圧、左室圧一次微分)の回復率は高く、クレアチンキナーゼ及びクレアチンキナーゼMB分画漏出量は低く保持され、総合的に良好な心筋保護作用を示した3)
  • 本剤と同一組成である St.Thomas 第2液のラット摘出心灌流モデル及びイヌ心臓手術モデルを用いた試験において、虚血後の心機能の回復率は高く、生化学的及び電子顕微鏡による組織学的評価についても、良好な心筋保護作用が認められている4)


★リンクテーブル★
先読み血液」「blood
リンク元瘀血」「血虚」「血中
拡張検索血液脳関門」「血小板粘着能」「腎血流」「サテンスキー血管鉗子

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





blood」

  [★] 血液

WordNet   license wordnet

「smear with blood, as in a hunting initiation rite, where the face of a person is smeared with the blood of the kill」

WordNet   license wordnet

「temperament or disposition; "a person of hot blood"」

WordNet   license wordnet

「people viewed as members of a group; "we need more young blood in this organization"」

WordNet   license wordnet

「the fluid (red in vertebrates) that is pumped through the body by the heart and contains plasma, blood cells, and platelets; "blood carries oxygen and nutrients to the tissues and carries away waste products"; "the ancients believed that blood was the sea」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『血』,『血』液 / 流血(bloodshed);殺人 / 気質,気性,血気,血潮 / 『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統 / (人種・出身国の)系 / 〈人〉‘に'初めての経験をさせる / 〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる」


瘀血」

  [★]

おけつ
気血水
  • 血の血流に停滞をきたした病態
  • 症候:眼瞼部・顔面の色素沈着、口唇の暗赤化、臍傍部圧痛抵抗、歯肉の暗赤色化、舌の暗赤紫化
  • 方剤
  桃仁 桂枝 大黄 芒硝 牡丹皮 芍薬 茯苓 甘草 当帰 その他 虚実
桃核承気湯           実証
大黄牡丹皮湯           冬瓜子
桂枝茯苓丸           虚実間証
加味逍遥散         柴胡、山梔子、生姜、薄荷、白朮
当帰芍薬散             朮、沢瀉、川芎 虚証


血虚」

  [★]

気血水
  • 身体に栄養をもたらし、身体の形を作り出している根源である血の量に不足を生じた状態。
  • 血の浪費、血の漏出、血の生成障害により生じる。
  • 血虚の診断のために血虚スコアが提案されている。
  • 症状としては、集中力低下、不眠、「眼精疲労」、めまい感、「こむら返り」、月経不順、顔色不良、抜け毛が多い、「皮膚が荒れ・あかぎれ」、爪の異常、知覚障害
  • 治療方剤には、四物湯芎帰膠艾湯七物降下湯十全大補湯がある。
  地黄 芍薬 川芎 当帰 甘草 艾葉 阿膠 黄耆 黄柏 釣藤鈎 桂皮 人参 茯苓 蒼朮
四物湯                    
芎帰膠艾湯              
七物降下湯              
十全大補湯        


血中」

  [★]

in bloodblood
血液血液中


血液脳関門」

  [★]

blood brain barrier,blood-brain barrier, BBB
血液-脳関門
胎盤関門血液空気関門


概念

  • 図:SCN.146(血液脳関門が存在しない部位)
  • 脂溶性の物質は通過しやすい
  • アストロサイトは血管周囲を連続的に覆って層を形成し、血液脳関門を維持している (HIS.166)
  • 脳の血管内皮細胞から排出ポンプであるP-glycoproteinが薬物を除去している (HAR.30,32f)

血液脳関門が存在しない部位

新生児における血液脳関門の機能低下(SPE.110)

  • 未熟性、低酸素血症、アシドーシス、低血糖など 
→ 核黄疸(ビリルビン脳症)のリスクファクター (G10M.331)


血小板粘着能」

  [★]

platelet adhesiveness, platelet adhesion
血小板粘着性血小板粘着、血小板粘着能検査



腎血流」

  [★]

kidney blood flow, renal blood flow



サテンスキー血管鉗子」

  [★]

Satinsky blood vessel clamp




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡