蟾酥

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/10 17:02:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 蟾酥の研究(第1報) : 市販品の成分化学的ばらつきと色彩計による品質評価
  • 67(P37) 蟾酥中の新規アルカロイドBufobutanoic AcidとBufopyramideの構造、ならびにBufarenoginとψ-Bufarenoginのコンホメーション(ポスター発表の部)
  • 天然有機化合物討論会講演要旨集 (40), 395-400, 1998-08-31
  • NAID 110006679673

関連リンク

蟾酥 (その二) ご挨拶 会社概要 沿革 研究開発 生産・品質管理 宣伝活動 営業活動 採用情報 アクセスマップ 医療関係者のみなさまへ サイト利用上の注意 個人情報の取扱いについて 個人情報の開示請求方法について サイトマップ ...
蟾酥の強心作用は、病院などで用いられているジキタリス製剤とよく似た効き方をしますが、蓄積性があり、使い方の難しいジキタリス製剤と違い、蟾酥は蓄積性が少ないことが特徴です。 配合剤(六神丸など)の原料として古くから ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡