融合収縮

出典: meddic

fusion beat




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 53)心室融合収縮作成による早期興奮症候群の体表面心臓電位図の検討 : 日本循環器学会第56回東海・第41回北陸合同地方会
  • 和田 正敏,寺嶋 敏夫,加藤 善久,高亀 良治,舘 啓二,菱田 仁,水野 康
  • Japanese circulation journal 46(SupplementIII), 616, 1982-11-01
  • NAID 110002649177
  • 249)実験的心室融合収縮における中隔の興奮伝播過程 : 電気生理 : 第42回日本循環器学会学術集会一般演題追加討論(III)
  • 松尾 博司
  • Japanese circulation journal 42(12), 1425, 1979-01-20
  • NAID 110002584481

関連リンク

また、心室が洞興奮と心室頻拍の興奮の両者により興奮する場合があり(心室融合収縮 )、このような所見を認めた場合は、心室頻拍を確診できる。 心室頻拍に関連して次の ような言葉が用いられるが、その定義は下記の如くである。 1)持続性心室頻拍:心室頻 ...
心室内変行伝導を伴った場合は、心室頻拍との鑑別が非常に難しい。頻拍中に P波を 伴った幅の狭いQRSがあるか、融合収縮があれば心室頻拍。わからな ければ心室頻 拍として処置。 3)鑑別診断 1.洞性頻脈:発症は発作的ではない。QRSの前にP波あり 。

関連画像

収縮GSR 行伝導と融合収縮 種田宏司53歳女性、拡張型心筋症の 研究概要


★リンクテーブル★
関連記事融合

融合」

  [★]

amalgamationassimilationblendingfusionintegrationmarriagemergerunionwedding





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡