蝸牛神経核

出典: meddic

cochlear nuclei
nuclei nervi cochleares
聴神経核蝸牛神経



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 蝸牛神経核背側核電植の一例の聴取能の検討
  • 棚橋 汀路,松田 直子
  • Audiology Japan 54(5), 339-340, 2011-09-30
  • NAID 10029741850
  • 覚醒ネコ第一次聴覚野における持続性細胞の音圧レベル感受性を模擬する機能モデル
  • 合田 哲也,小澤 賢司,木下 雄一朗,佐藤 悠,地本 宗平
  • 日本音響学会誌 67(9), 395-401, 2011-09-01
  • … その機能モデルは,聴覚神経経路の各段の細胞モデルを連結したものであり,末梢系の内有毛細胞,聴神経,そして,中枢系の蝸牛神経核腹側核,下丘,内側膝状体,A1の6段から構成される。 …
  • NAID 110008711469

関連リンク

... 先端部からの線維(低音を伝達する線維)は両蝸牛神経核の腹側部でシナプス結合する。蝸牛神経核から出る線維は両側性に菱脳の次の核に投射する。 1)背側蝸牛神経核からの線維は下小脳脚の背側方を通って脳幹網様体を横 ...
蝸牛神経核神経細胞のサブタイプ決定機構 1 蝸牛神経核の機能と構造 蝸牛神経核は、聴覚情報が内耳蝸牛から大脳皮質聴覚野へと伝わる過程において中枢神経系伝達経路のエントリーポイントとなる神経核であり、哺乳類の聴覚に ...
[CN: cochlear nucleus] 聴覚。蝸牛のラセン神経節細胞から入力。上オリーブ核に投射。【分類】 トリ 角状核(音の強弱) → 外側毛帯状核後核 → 下丘中心核内側シェル 大細胞核(音の時間情報) 聴神経の神経終末 ...

関連画像

 推定される蝸牛神経核の位置Res1-3 Fig0Res1-3 Fig1図501 ] 蝸牛神経の核と伝導路 Res1-3 Fig2


★リンクテーブル★
国試過去問099I023
リンク元聴性脳幹反応」「アブミ骨筋反射
関連記事神経」「蝸牛」「蝸牛神経」「神経核」「

099I023」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。会議中に突然めまいと吐き気とが出現したため救急車で搬送された。
  • 現病歴 :半年前から会社の仕事が忙しく睡眠不足が重なり、過労気味であった。今朝、起床した時はいつもと変わらなかったが、14時ころ会社の会議室で立って発言中に突然、周りがぐるぐる回るめまいと吐き気とが出現し、立っていられなくなった。すぐ、同僚にかかえられて横になったが、めまいと吐き気とが持続した。
  • 既往歴・家族歴:40歳ころから高血圧と糖尿病とを指摘され、食事療法を続けている。父親に高血圧と脳梗塞との既往がある。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重82kg。体温36.0℃。呼吸数20/分。心拍90/分、整。血圧170/nommHg。貧血と黄疸とはない。心雑音はない。胸部にラ音を聴取しない。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。下肢に浮腫を認めない。神経学的診察では、左顔面と頭部から下の右半身とに温痛覚低下、左上下肢の小脳性運動失調、構音障害、嚥下障害および回転性眼振を認める。運動麻痺、難聴、触覚・深部感覚障害、深部(腱)反射の異常、病的反射および膀胱直腸障害は認めない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球470万、Hb12.8g/dl、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1。。0mg/dl、総コレステロール280 mg/dl、トリグリセライド190 mg/dl、AST28単位、ALT22単位、Na 140mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 104mEq/l。CRP 0.1mg/dl、15時に行った頭部単純CTでは異常を認めない。
  • この患者で障害されていないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099I022]←[国試_099]→[099I024

聴性脳幹反応」

  [★]

auditory brain-stem response auditory brainstem response ABR
脳幹聴性誘発反応 brainstem auditory evoked response BAER脳幹誘発反応 brainstem evoked response BSER、脳幹電気反応聴力検査 brainstem electric response audiometry BERA、聴覚脳幹誘発電位 brainstem auditory evoked potential BAEP


適応

  • 他覚的聴力検査:乳幼児、詐聴が疑われる患者
  • 疾患の検査:聴神経腫瘍、脳幹障害
  • 意識レベルの確認:脳死判定時の脳幹機能の評価
  • 術中モニター:脳幹や第7、第8脳神経付近の手術に際して、手術操作による聴力障害の発生を防ぐ

解釈

NCUR.173

参考

  • 1.
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nou/ABR.htm


国試



アブミ骨筋反射」

  [★]

アブミ骨筋反射検査アブミ骨

反射弓

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


蝸牛」

  [★]

cochlea (HIS)
蝸牛器官
コルチ器


  • 図:M.538(内頭蓋底での位置)
  • 骨で周囲を囲まれた管状の構造であり、リンパ液で満たされている(SP.239)



蝸牛神経」

  [★]

cochlear nerve (KH)
nervus cochlearis, pars cochlearis
内耳神経



  • 内耳神経の枝


神経核」

  [★]

nucleus
nerve nucleus
神経節大脳基底核


核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡