蝶篩陥凹

出典: meddic

sphenoethmoidal recess (M,Z), spheno-ethmoidal recess
recessus sphenoethmoidalis


  • 図:N.33
  • 上鼻甲介の後上方にあり、蝶形骨洞の口が開いている (M.529)
  • 鼻腔の後上部で蝶形骨体の前にある部分。 (KL.502)
  • 蝶篩陥凹は上鼻甲介の後方で鼻中隔との間にある狭い空隙である (KL.502)

和文文献

  • 内視鏡下鼻手術による上鼻道・嗅裂病変の処理と術後成績
  • 中村 光士朗
  • 日本鼻科学会会誌 39(4), 319-323, 2000-12-15
  • NAID 10009522592

関連リンク

鼻骨腔の後上部で蝶形骨体の前面で上鼻甲介と篩骨垂直板との間にある部分を蝶篩 陥凹といい篩骨垂直板との間にある部分を蝶篩陥凹といい蝶形骨洞がここに開口する。 下鼻道には涙骨管が開口しているが、鼻液管は上顎骨の涙嚢溝を涙骨の涙骨鈎と下 ...
蝶篩陥凹の後壁は蝶形[骨]洞口Apertura sinus sphenoideiを有し,また前壁は篩骨 迷路によってつくちれている.蝶形[骨]洞口の位置は非常にまちまちで,正中線のすぐ わきにあることもあれば,全く外側へ寄って蝶篩陥凹の奥深くにあることもあり,あるいほ ...

関連画像

anatomy1b3-18.jpg (32662 バイト)鼻涙管が開く。鼻涙管が開く。副鼻腔・鼻涙管開口部位鼻腔の外側壁・内側壁前頭断面では三角形をなす。


★リンクテーブル★
関連記事陥凹

陥凹」

  [★]

recess, impression, indentation, retraction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡