蝶形紅斑

出典: meddic

butterfly erythema, butterfly rash
malar rash?
全身性エリテマトーデス


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/19 15:27:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 全身性エリテマトーデスの皮膚病変 (内科医がおさえておくべき皮膚科の基本) -- (膠原病の皮疹のみかた)
  • 神田 奈緒子
  • 診断と治療 99(-) (1168), 155-162, 2011-03
  • NAID 40018770104
  • 原発性胆汁性肝硬変に全身性エリテマトーデスを合併した2例
  • 斎藤 広信,高橋 敦史,阿部 和道,物江 恭子,菅野 有紀子,横川 順子,大平 弘正
  • 肝臓 52(3), 169-175, 2011
  • … 症例1は65歳,女性.19年前,蝶形紅斑と光線過敏があり,抗核抗体陽性,抗DNA抗体陽性を認め,SLEと診断された.プレドニゾロン(PSL)内服にて症状は改善し,PSL 10 mg/日の隔日投与でSLEの活動性はなく経過していた.SLE診断時から肝機能異常があり,精査目的に当科へ紹介となった.胆道系酵素優位の肝障害,抗ミトコンドリア抗体(AMA)陽性,肝生検にてPBC(Scheuer分類のII期)と診断された.症例2は,55歳,女性.3 …
  • NAID 130000677641

関連リンク

鼻からほおに生じるチョウのような形の赤みを帯びた皮疹(蝶形紅斑[ちょうけいこうはん ])、やや隆起した皮疹、皮膚が薄くなった皮疹、顔や首、前胸部、ひじなど日光にさらさ れる部位に生じる隆起した、あるいは平らな赤い皮疹などがみられます。潰瘍は、 ...
2001年9月7日 ... 30歳のうちの姉が以下の症状で悩んでおります。・1年前から顔面の両頬、おでこ、あご の部分にやや隆起を伴った紅斑が出現、ひどいときは一部膿を伴い真っ赤な顔になる...

関連画像

蝶形紅斑④ 中枢神経 障害 痙攣 精神病 蝶形 紅斑 の 状態 画像 彼女 も 蝶形 紅斑 の 写真蝶形紅斑蝶形紅斑,急性期


★リンクテーブル★
国試過去問104C026」「095H001」「095F041」「098D054」「101A019」「106F019」「100G083」「098H067
リンク元malar rash
関連記事紅斑」「」「蝶形

104C026」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 45歳の女性。右膝関節の腫れを主訴に来院した。
  • 現病歴   6か月前から両側の手首や手指の関節が痛みだしたが放置していた。朝起きてから30分間は手足を動かしにくい。2過はど前から両膝が痛み、特に右膝が腫れてきた。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   喫煙は10本/日を20年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴  母が慢性甲状腺炎(橋本病) 。従姉がSjogren症候群
  • 現 症  身長155cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧132/74mmHg。左手関節に腫脹と圧痛とがあり、右膝関節に関節液貯留を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 317万、Hb 9.5g/dl、Ht 26%、白血球 11,000、血小板 45万。血液生化学所見: 総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、尿酸 6.5mg/dl、総コレステロール 210mg/dl、トリグリセリド 105mg/dl、AST 27IU/l、ALT 30IU/l、アミラーゼ 85IU/l(基準37-160)、Na 137mEq/l、K 3.8mEq/l、Cl 105mEq/l、TSH 3.5μU/ml(基準0.2-4.0), FT3 2.6pg/ml(基準2.5-4.5)、FT4 0.9ng/dl(基準0.8-2.2)。免疫学所見: CRP 5.8mg/dl、リウマトイド因子(RF) 80IU/ml(基準20未満)、CH50 55U/ml(基準30-50)、免疫複合体陰性。
  • この病態でみられる身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104C025]←[国試_104]→[104C027

095H001」

  [★]

  • 次の文を読み、1~3の問いに答えよ。
  • 24歳の女性。全身倦怠感むくみとを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 4週前に海水浴に行き、日焼けをしてから微熱と全身倦怠感とを自覚し、数日前から顔面と下腿とにむくみが出現した。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長154 cm、体重52kg。体温37.8℃。脈拍88/分、整。血圧124/88mmHg。意識は清明。前頭部の脱毛と両手指の凍瘡様皮疹とを認める。頚部と腋窩とに小豆大のリンパ節を数個触知する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白3+、糖(-)、沈渣に赤血球20~30/1視野、白血球20~30/1視野、顆粒円柱(+)。血液所見:赤沈85mm/1時間、赤血球350万、Hb 9.2g/dl、Ht32%、白血球2,500(桿状核好中球5%、分葉核好中球65%、好酸球1%、単球7%、リンパ球22%)、血小板9万。血清生化学所見:総蛋白5.0g/dl、アルブミン2.1g/dl。尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総コレステロール360mg/dl。抗核抗体640倍(基準20以下)。
  • この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G060]←[国試_095]→[095H002

095F041」

  [★]

  • 次の文を読み、41、42の問いに答えよ。
  • 27歳の女性。体動時の息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2年前から健康診断で貧血を指摘されていたが、自覚症伏がないために放置していた。1か月前から体動時の息切れと全身倦怠惑とが増強するため来院した。月経に異常はない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 身長158cm、体重45 kg。体温36.5℃。眼瞼結膜は貧血様。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。肺の聴診所見は正常。腹部は平坦で、肝と脾とを触知しない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。便潜血反応陰性。
  • 血液所見:赤血球340万、Hb 7.8 g/dl、Ht27%、網赤血球15‰、白血球7,600、血小板32万。血清生化学所見:総蛋白7.3 g/dl、アルブミン4.1 g/dl、総ビリルビン0.5mg/dl、LDH260単位(基準176~353)、Fe 5μg/dl(基準80~160)、総鉄結合能423μg/dl(基準290~390)、フェリチン7ng/ml(基準20~120)。
  • この患者にみられる身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095F040]←[国試_095]→[095F042

098D054」

  [★]

  • 9歳の女児。発熱と皮疹とを主訴に来院した。
  • 5日前から高熱があり近医で抗菌薬を投与されたが解熱せず、2日前から皮疹も出現してきた。皮疹は発熱時に増強する。
  • 体温40.2℃。脈拍120/分、整。両側頚部に径15mmのリンパ節を数個ずつ触知する。心雑音はない。肝を右肋骨弓下に3cm、脾を左肋骨弓下に2cm触知する。関節腫脹は認めない。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。
  • 血液所見:赤沈110mm/1時間、赤血球310万、Hb9.5g/dl、Ht29%、白血球21,200(桿状核好中球9%、分葉核好中球59%、好酸球3%、単球3%、リンパ球26%)、血小板52万。
  • 免疫学所見:CRP20.5mg/dl、基準0.3以下)、ASO500単位(基準250以下)、リウマトイド因子陰性、抗核抗体陰性。咽頭培養は常在菌のみ、血液培養は陰性。
  • 入院から治療までの3日間の体温表を以下に示す。
  • この疾患に特徴的な皮疹はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D053]←[国試_098]→[098D055

101A019」

  [★]

  • 32歳の女性。発熱と労作時呼吸困難とを主訴に来院した。1か月前に抜歯を受けたが、発熱が持続し、昨日から労作時呼吸困難が出現した。意識は清明。身長155cm、体重48kg。血液所見:赤血球330万、Hb10.5g/dl、白血球14,500。CRP11.2mg/dl。断層心エコー図とドプラ図とを以下に示す。
  • この患者でみられないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A018]←[国試_101]→[101A020

106F019」

  [★]

  • 40歳の女性。多関節痛を主訴に来院した。 5年前から両手関節と両側中手指節間関節とに疼痛と腫脹とを認めている。朝のこわばりは2時間持続する。赤沈70mm/1時間。免疫学所見: CRP4.0mg/dL。抗CCP抗体陽性。
  • この疾患の特徴でないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F018]←[国試_106]→[106F020

100G083」

  [★]

  • 紅斑について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G082]←[国試_100]→[100G084

098H067」

  [★]

  • 疾患と皮膚所見の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H066]←[国試_098]→[098H068

malar rash」

  [★] 蝶形紅斑、頬部発疹

紅斑」

  [★]

erythema
発赤発疹


分類

  • 紅斑・紅皮症


斑」

  [★]

macula
発疹


蝶形」

  [★]

butterfliy pattern




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡