蛭田玄仙

出典: meddic

和文文献

  • 蛭田玄仙先生顕彰碑建立及び生誕二百五十年祭の記

関連リンク

デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 蛭田玄仙の用語解説 - 1745-1817 江戸時代中期-後期の医師。延享2年生まれ。陸奥(むつ)白川郡(福島県)の農家の子。独学で産科をおさめて評判をとり,東翁と称された。門人が「産科新編」「田氏産 ...
蛭田玄仙 (ひるた げんせん) さんは1817年の1月に72歳で亡くなりました。亡くなってから199年が過ぎました。蛭田玄仙さんへ伝えたいことはありますか?追悼の言葉をお寄せください。寄せられたコメントもお読みいただけます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡