蛍光消光

出典: meddic

fluorescence quenching

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 生物発光・蛍光消光を利用した新規計測技術の開発
  • 大室(松山) 有紀,上田 宏
  • 化學工業 66(4), 305-310, 2015-04
  • NAID 40020404744
  • グラファイトオキサイドを含有する分子インプリントポリマーによるピリドキシンの選択的蛍光消光
  • 佐藤 勝彦,高橋 麻緒,安齋 順一
  • 分析化学 63(4), 311-315, 2014
  • ピリドキシンを鋳型分子としてグラファイトオキサイド(GO)を含む分子インプリントポリマー(GO-MIP)をGO分散溶液中でのメタクリル酸及びエチレングリコールジメタクリラートの重合反応により調製した.このGO-MIPはピリドキシン分子と選択的に結合し,その蛍光を効果的に消光することをスッキャチャード解析及び蛍光スペクトル測定により確認した.一方,鋳型分子でないフルオレセインに対しては効果的な消光作 …
  • NAID 130004732521
  • カゼインとの複合化によるケルセチンの水分散性向上
  • 大島 達也,増田 ゆかり,原之村 貴也 [他],稲田 飛鳥,馬場 由成
  • 化学工学論文集 40(2), 125-130, 2014
  • … 善された.動的光散乱法にてQue–Casのゼータ電位と粒子径を分析した結果,Que–Casは等電点が4.7付近で,90–120 nmあるいはそれより大きい粒子を含む多分散なコロイド粒子として水媒体に分散することが示唆された.複合体のX線回折および蛍光分析の結果,Que–Casに含まれるケルセチンは結晶性を示さず,カゼインの蛍光消光が確認されたことから,ケルセチンはカゼインミセルに内包されていることが示唆された. …
  • NAID 130003392466

関連リンク

蛍光(fluorescence)とは、電子励起状態(S1)から自然放出(spontaneous emission)によって電子基底状態に戻る発光過程をいう。この過程は、 Jablonskiダイアグラム(図4)によって説明される。まず、分 子は通常、室温では、電子 ...
図13 溶存酸素による消光 図14 Zr・フラボノール錯体の温度消光 図15 濃度消光 消光現象 溶存酸素による消光 ナフタリン、アントラセンなどの蛍光物質は、溶存酸素によって蛍光強度の低下が見られ、再現性の良いデータが得られません。

関連画像

化学発光 先端科学をのぞい 産総研:遺伝子の新規定量方法  FRETを利用した消光性蛍光基質回】蛍光顕微鏡の特徴と蛍光 ブロモドメイン-アセチル化 ドナー発光と消光剤吸収の


★リンクテーブル★
関連記事消光」「

消光」

  [★]

quenchingextinctionquenchextinguish
吸光吸光度急冷クエンチクエンチング消す消去消衰焼き入れ反応停止絶滅失わせる、消退


光」

  [★]

lightphotic
明るい見地軽い光線




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡