蛋白質呈色反応

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、チロシン、フェニルアラニン、トリプトファンなど、 ベンゼン環を持つもの(芳香族アミノ酸)がニトロ化されることで呈色が起きる。この反応 は加熱することで促進される。下図に、参考としてチロシンのニトロ化の反応式を示す。
ビウレット反応(Biuret test)は、タンパク質や、ポリペプチドを検出する方法の1つ。 アミノ酸が3つ以上つながった(トリペプチド以上の)ペプチドは、ビウレットに似た構造を 持ち、アルカリ性溶液中で銅(II)イオンに配位し、赤紫色から青紫色に呈色する。 タンパク質 ...

関連画像

タンパク質の呈色反応キサントプロテイン 反応 解説のポイントキサントプロテイン 反応

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事蛋白質」「反応」「白質」「呈色

蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html







反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


呈色」

  [★]

colorationcolor
色調



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡