蛋白質分解

出典: meddic

proteolysisproteolysesprotein degradation
タンパク質分解タンパク分解プロテオリシス蛋白分解

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脂肪滴周囲での蛋白質分解機構(若手研究者学術奨励賞記念講演,第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会 第11回日中合同組織細胞化学セミナー)
  • 大崎 雄樹
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (55), 69, 2014-09-27
  • NAID 110009857763
  • パーキン依存的ミトコンドリア外膜蛋白質分解 (AYUMI マイトファジー : 基礎から疾患との関連まで)
  • 吉井 紗織,水島 昇
  • 医学のあゆみ 250(6・7), 473-478, 2014-08-16
  • NAID 40020147627
  • パイナップルに含有される蛋白質分解酵素を用いた胃ろうカテーテルの閉塞予防
  • 田宮 久世,渡邉 智美,宅間 あゆみ
  • 日本看護学会論文集. 看護総合 44, 60-63, 2014
  • NAID 40020033217

関連リンク

タンパク質分解による細胞・個体機能の制御 タンパク質分解は、タンパク質品質管理機構と認識されてきましたが、それは分解系の多彩な機能のごく一部にすぎません。 多くの細胞・個体機能が細胞内タンパク質分解系によって ...
世界大百科事典 第2版 - タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)の用語解説 - タンパク質のペプチド結合を加水分解(消化)する酵素。プロテアーゼともいう。酵素分子の活性中心の違いによって以下の四つに分類される。セリン残基を ...

関連画像

記者会見「たんぱく質分解装置 タンパク質分解 - Proteolysis  分解により生成されるペプチド異常タンパク質の分解 は 個々 の 分解 基質 から 分解日本人 の 蛋白質 必要量 は 0 65


★リンクテーブル★
リンク元proteolysis」「タンパク質分解」「タンパク分解」「proteolyses」「protein degradation
関連記事蛋白質」「分解」「白質

proteolysis」

  [★]

protein degradationproteolysesproteolyticproteolytic degradationproteolyze

WordNet   license wordnet

「the hydrolysis of proteins into peptides and amino acids by cleavage of their peptide bonds」


タンパク質分解」

  [★]

proteolysisprotein degradationproteolytic degradationproteolysesproteolytic
タンパク分解タンパク分解性プロテオリシス蛋白質分解蛋白分解
-proteolysis


タンパク分解」

  [★]

proteolysisproteolysesprotein degradationproteolyzeproteolytic
タンパク質分解タンパク分解性プロテオリシス蛋白質分解蛋白分解

proteolyses」

  [★]

タンパク質分解タンパク分解蛋白分解蛋白質分解

protein degradationproteolysisproteolyticproteolytic degradationproteolyze


protein degradation」

  [★]

proteolysesproteolysisproteolyticproteolytic degradationproteolyze


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








分解」

  [★]

degradationbreakdowndecompositiondisintegrationdisassemblydegraderesolvedisassemblecrackdecomposecatabolizedisintegratecatabolized
異化解決解重合解体回復壊変亀裂クラック故障腐敗分離崩壊構成不能破綻消散ひび


白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡